SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(3)

(以下引用)

【功徳を積むこと】(3)

 ● 個人の性格傾向と功徳とは関係がない。すなわち、どんな性格の人でも等しく功徳を積むことができる。これは、そもそも解脱がこの名称と形態(nama-rupa)の脱落・終滅という根本の現象であるためである。性格傾向は、このうちの名称(nama)作用に関わることがらであり、どのような性格傾向の上にも功徳を積むことができる。そして、解脱によってこの余計なものは脱落・終滅することになる。結果、極端な性格傾向は薄らぎ、仏としての円かな性格が出現することになる。

(以上引用)


*法津如来のコメント

この引用文は、「どんな性格の人でも等しく功徳を積むことができる。」ことを言いたいのです。

ですから、自分はおしゃべりだから功徳を積めないとか、無口だから功徳を積めないとなどと悩む必要はありません。
その根拠を解脱の根本に基づいて説明しています。

解脱は、この名称と形態(nama-rupa)の脱落・終滅という根本の現象であるためです。

この名称とは、五蘊(身、受、想、行、識)の想であり、この形態とは行に相当します。

「この名称と形態(nama-rupa)の脱落・終滅」とは、不必要な想と行の脱落・終滅です。

というわけで、個人の性格傾向は、余計な想に起因であるため、功徳を積むこととは無関係なのです。

余計な想が脱落した人は、わかりやすく言えば、好き嫌いのなくなった人です。





"SRKWブッダ著「仏道の真実++」功徳を積むこと(3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント