SRKWブッダ著「仏道の真実++」【功徳のよすが】(3)

(以下引用)

【功徳のよすが】(3)

 ● 功徳は、余計なものを捨て去ることによって積まれる。ただし、本当に大切なものは捨て去ってはならない。その本当に大切なものとは自分自身である。ここで、初学の修行者はその余計なものが何であるのかを明確に知ることは難しいであろう。そこで、省察を為すことが勧められる。省察によって、本当の自分自身とそうでないものとを区別できるようになるからである。省察すると、このような自分でありたいとか、逆にこのような自分であっては嫌だなどという思いを生じるであろう。そうして、あり得べき自分自身の姿が次第にハッキリとしてくる筈である。そこで、余計なものを捨てよ。

(以上引用)


*法津如来のコメント

今回の文章は、余計なコメントをするよりは、この文章を深く読むことをおすすめします。

そこで、次のように引用します。


功徳は、余計なものを捨て去ることによって積まれる。

ただし、本当に大切なものは捨て去ってはならない。

その本当に大切なものとは自分自身である。

ここで、初学の修行者はその余計なものが何であるのかを明確に知ることは難しいであろう。

そこで、省察を為すことが勧められる。

省察によって、本当の自分自身とそうでないものとを区別できるようになるからである。

省察すると、このような自分でありたいとか、逆にこのような自分であっては嫌だなどという思いを生じるであろう。

そうして、あり得べき自分自身の姿が次第にハッキリとしてくる筈である。

そこで、余計なものを捨てよ。


"SRKWブッダ著「仏道の真実++」【功徳のよすが】(3)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント