SRKWブッダ著「仏道の真実++」【仏教の知識】(1)

(以下引用)

【仏教の知識】(1)

 仏教についての知識を学ぶことが修行である。と勘違いしている人が少なくないようである。かつて、私自身そうであった。

 さて、もちろん仏道を歩むのに仏教の知識はあるに越したことはないのであるが、それによって直接に覚りを生じるわけではない。なぜならば、仏教の知識は、基本的には覚り(=解脱)が本当に人の身に起こることであるということを信じさせてくれる一つの材料に過ぎないからである。

 ただ、修行に勤しむだけでは覚りを生じるに心許ない人もあろう。何となれば、修行中には、自分は覚ることはできないのではないかと自信を喪失するようなできごとも起こるからである。そこで、仏教の知識を漁って、修行に対する自信を取り戻そうとする人もあるかも知れない。

 本当のところ、覚るためには仏教の知識はどの程度必要になるのであろうか。それについて述べたい。

 最低限必要になる知識は、正法についてのことがらである。何となれば、通常、これを知らない修行者が覚ることは難しいからである。仏道修行を宝探しに譬えるならば、正法の知識は宝が何であるのかを知ることに相当する。もちろん、これだけでは宝がどこにあるのかまでは分からない。どのように探せば良いのかを教えてくれるわけでもない。それでも、求めている宝が何であるかが分かっていることは、その宝と遭遇したときにそれが宝であると直ちに知ることができる利点を持っている。正法の知識も、世に希有なる智慧——実際には法の句として出現するのであるが——と遭遇したときにそれが智慧であると知ることができる可能性を高めるものとなる。実際、私は法の句が正法の通りに世に出現したものであることを理解して慧解脱することを得たのである。

(以上引用)


*法津如来のコメント

「仏教の知識」について、三回に分けて引用します。

「仏道修行を宝探しに譬えるならば、正法の知識は宝が何であるのかを知ることに相当する。」はその通りです。

宝探しにおいて、宝が何かを知らなければ宝は探せませんからね。




"SRKWブッダ著「仏道の真実++」【仏教の知識】(1)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント