石法如来の特別寄稿「歴史の闇・・・廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)(その3)」

1868年(慶応4年)3月、神祇事務局から各神社に対して通達が出されます。その通達のキーワードは「復飾」(ふくしょく)と言うことにあります。復飾とは、「僧侶の還俗」を指し、社僧や別当に対して還俗を促した上で、神社に勤仕するよう命じたのです。

要は、昨日まで仏教者であった人間に今日から神職になれと言う話なのですが、不思議なことに多くの僧侶はさほど抵抗も無く職替えを行ったようです。

続いて、太政官布告ではより具体的な神仏分離の内容が示されました俗に言う、「神仏判然令」と呼ばれるものです

神仏判然令では、神社における仏教的要素の排斥を命じました。そこで行われたのは、徳川幕府時代の旧態依然とした宗教形態を取り除くことであり、天皇を中心とした祭政一致体制が求められたのです。それまで、神と混じり合っていた仏教は異物に他ならず、それを明確に判然とする必要があったと言うことです。

廃仏毀釈の最初の大きなアクションは、仏教の一大拠点であった比叡山の日吉大社(ひよしたいしゃ・滋賀県大津市にある神社)で起きました。日吉大社は、平安京の表鬼門に位置することから、災難よけの神様として古くから崇拝されて来ましたが、伝教大師(最澄)によって比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)が開かれてからは、仏教の支配下に置かれ僧侶により神官は虐げられるという歴史を刻んで来たのです。

明治元年(1868年)、明治新政府により神仏分離令が出され、積年の恨みとばかりに神官たちは徒党を組んで、社から僧侶を追い出し仏像仏具を破壊し始めたのです。・・・この流れが全国に波及していくのですが、これが廃仏毀釈の最初の火の手となりました。

この暴徒の中には、社司(しゃし・神社で神に仕え、社務を執る者)から雇われた地元坂本(さかもと・滋賀県大津市北部に位置する比叡山の登り口、延暦寺の門前町)の農民が含まれていたようです。当時、坂本の地は延暦寺の支配下にあり、小作人達は重い年貢を長い年月背負わされていたそうで、ここでもまた既得権益を握ってきた延暦寺に対して、地元民が起こした反感は想像を絶するほど大きなものがあったようです。

長年、仏教の僧侶から虐げられてきた神官の、逆襲に燃える気持ちは半端じゃなかったのです。更に、地元の住民をも巻き込み熱狂的な破壊活動にまで発展したことは、明治新政府にとっても想定外の出来事だったのです。

新政府は、早急に太政官布告を出し神職などによる仏教施設に対する破壊活動を戒めました。・・・新政府としては、王政復古・祭政一致を保つためには神と仏の分離は推し進めなければならないが、分離政策はあくまで粛々と行いたいと考えていたようです。
1872年(明治五年)、明治新政府は「自今僧侶肉食妻帯畜髪等可為勝手事」(じこんそうりょにくじきさいたいちくはつとうかってなるべく)という太政官布告を出します。つまり、江戸幕府では禁制であった僧侶の、「肉を食べる・妻をめとる・髪を生やす」を解禁、また住職の世襲も明治以降は認められるようになります。

更に、一連の仏教弾圧の中でも致命的だったのは「上知令」(あげちれい)です。上知令とは、土地の召し上げを命ずる命令で、境内の主たる領域を除いて広大な境内地が没取されたのです。この命令により、全国の境内地は数分の一にまで減らされたと言います。

何故、それ程までに仏教が攻撃されたのでしょう?・・・江戸時代に入り、キリスト教禁止令が出されると幕府は寺院ネットワークを使い住民の戸籍管理を徹底して行きます。全ての日本人は、寺の檀家になることを義務づけられ宗旨人別帳へ登録されることになります。

寺院は、住民を管理することで潤い経済的に安定し次第に寺院の権力は増大、僧侶は著しく堕落の傾向に向かいます。

そうなると、仏教の本来の姿である衆生済度(しゅじょうさいど・生きとし生ける者を覚りの世界に導く)を説くこともなくなり、寺院と神社との関係性も常に寺院が上位にあり、僧侶が神職を支配する構図が出来上がります。その積年の恨み?が、明治維新による時代の変革期に一気に燃え上がったと想像出来ます。


*法津如来のコメント

本日、2回目のブログ更新です。

廃仏毀釈の行方が気になります。次回の寄稿が待ち望まれます。


"石法如来の特別寄稿「歴史の闇・・・廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)(その3)」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント