「無分別智(その48)」

SRKWブッダのホームページの理法「無分別智」」の引用、その48。
http://srkw-buddha.main.jp/rihou029.htm


[主客未分の状況から現れる]

無分別智は、主客未分の状況から現れ出る智です。 

なぜならば、無分別智が世に現れ出たのは一大事ゆえであるからです。 

その一大事を演出したのは、相手がいればこそであり、その意味では相手が主で自分が客ですが、その智を自分が知るに至り相手は知るに至らなかったという意味では相手が客で自分が主です。 

そのような状況(シチュエーション)を作り出した真の要因は、自分にあるかも知れず、あるいは相手にあるかも知れず、それを単純な主客関係で特定することはできないのです。 

だからといって、主客が無いとも言えないのです。 

智を生じているという事実がある以上、何らかの主体を想定せざるを得ないからです。 

より実際的な意味では、最初から主客未分であると言うべきでしょう。 

例えば、対戦型の遊戯や武道、スポーツなどにおいて素晴らしいプレーが現れ出たとき、それを演出したのは相手かも知れず、自分かも知れず、本来的に主客未分です。 

しかし、その素晴らしいプレー自体は、主客の所在がどうであれ如実に存在するものです。 

無分別智が主客未分の状況から現れ出るというのは、それに似ています。

*法津如来のコメント

無分別智の最たるものは、人をして解脱せしめる法の句(=無分別智の表現)です。

それはいかに現れるか?

それは一大事です。

二人の出会いです。

ここにはどちらが主役も脇役もないのです。

法の句を発する人がいて、その法の句を法の句であるとわかった人が現れたのです。

その時、主客がわかれます。

それまでは、主客未分の状況なのです。

つまり、無分別智は、主客未分の状況から現れ出るのです。


"「無分別智(その48)」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント