ソ連崩壊から30年

昨日の「コロナ以後を予測する」の中で、「2024年アメリカ合衆国の没落」と書きました。

そうしたら、今日の東京新聞に、「ソ連崩壊から30年」という記事がありました。

1991年12月、にソ連が崩壊。ゴルバチョフ大統領は大統領職を辞任したのです。

それ以前に、多くのソ連国民はソ連崩壊を望み、新しいロシアを望んでいたのでしょう。

国については多くの国民が本当に望んだ通りになります。

個人については、その人が本当に望んだ通りになるのです。

もし、そのようにならないとしたら、本当にそのようには望んでいないのです。

その辺は無意識の領域なので自覚できないだけなのです。

・・・・・・・
多くの人々は、だいたい明日はこうなるだろうと予測しているから、そのようになります。

しかし、中には将来こうなってほしいと強く願う人がいます。

そして、その願いに従って、少しでも行動します。

そのような人がいるから、世の中は変わっていきます。

ぜひ、皆さんもそのような人になってください。

・・・・・

話は変わりますが、「やさしい」を漢字で書くと「優しい」となります。

しかし、私は「やさしい」を「優しい」と書くことに抵抗感がありました。

何故ならば、「優」という漢字は、優劣の「優」であるからです。

「優劣はない」と思っているからです。

「違いはありますが、優劣はないのです。」

しかし、ある動画を見ていたら、「やさしい人」は「優れた人」なのですと言っていました。

そういう見方もあるかと感心しました。

それならば、「優しい」と書いてもいいかなと思いました。

・・・・・

話はまとまりませんでしたが、皆様、今日も良い一日でありますように。


"ソ連崩壊から30年" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント