仏陀と弟子たちを供養する功徳

ダンマパダ 195,196

「パパンチャ」を克服し
憂い苦しみを乗り越え
涅槃に達して、恐れるもの無い
供養に値する
仏陀と弟子たちを
供養するならば
その功徳の量は
何によっても計れない

  ○パパンチャ(パーリ語):ありのままに観ることのできない心の働き

*この詩から学ぶこと

 「パパンチャ」を克服することによって悟ることができる。瞑想修行は当然「パパンチャ」を克服する練習だ。変化する体の動きや感覚を実況中継することによってパパンチャを克服するのだ。
 「パパンチャ」を克服した人は悟れる人、涅槃に到達した人。その人には悩み苦しみ、恐れはない。
 さて、それらの人々を供養することの功徳は計り知れないほど大きなものだと上の詩では述べている。なぜだろう。答えは簡単だ。仏陀がすべて生命に幸福への道を指し示し、弟子たちがそれ伝えているからだ。仏陀と弟子たちへに供養がなければ、それを存続させることができなるからだ。世界は幸福への道が見えない暗黒の世界になってしまうからだ。仏陀やその弟子たちの供養がなければ、仏教が滅びると考えると、その供養の役割と功徳の大きさが分かるというものだ。

  サンガへの お布施なければ 仏教終わり

~わたしが幸せでありますように~
~あなたが幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"仏陀と弟子たちを供養する功徳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント