比丘たちは慈悲の心で生活し業のできない境地体得

ダンマパダ 368

慈しみの心で生活し
仏陀の教えを確信する比丘は
業ができない安楽な
静寂の境地に到達するだろう


○この詩から学ぶこと

 慈しみの心で生活することは、比丘の生き方の基本です。では慈しみの心とはどんなものなのでしょうか? その心の出発点は「私は幸せでありますように」という気持ちです。その気持ちは心を落ち着かせて、自分の心を感じてみれば、誰でも「私が幸せでありたい」という気持ちを感じられると思います。でも中には生活の苦しみや悲しみのために、そのような気持ちを感じられない人もいるかもしれません。しかし、そのような人もじっくりと自分の心を感じてみれば、その本心はやはり「自分が幸せでありたい」と思う気持ちがあるはずです。

 「私は幸せでありますように」と言う気持ちを、自分以外の人も持っているのだと理解できる知恵から仏教が始まるのだと私は考えています。その知恵を生かして、「自分以外の人々も幸せでありますように」と思う心が慈しみの心です。この心は制限なく大きくなれる心なのです。そのため「生きとし生けるものが幸せでありますように」と願える心になるのです。

 「私は幸せでありますように」という言葉にもう少し考えてみましょう。この言葉は、現在私は満足いくほど幸せではない」という認識を前提にしています。仏教の根本原理である四聖諦の第一の苦諦「一切は苦である」をよく理解できない人も、自分の実感としては不満足という感じは感じているのです。

 また、「私は幸せでありますように」は、自分の向上心を示しています。不満足な状態から満足いく状態にしたいという向上心です。自分の向上心があることを自覚して、それを生かすべきなのです。これは、前回にも述べました観察により現われる自浄作用と共通するものです。

 「私は幸せでありますように」は出発点ですからまだ、その思いの力は弱いのです。しかし、四聖諦を学び、確信として、八正道を実践すれば、阿羅漢への道をしっかりと力強く歩むことが出来るのです。

 善行為をしても悪行為をしても業ができ、輪廻のもとを作ることになりますが、阿羅漢になってしまえばどんな行為も業を作りません。そのため阿羅漢になれば業ができない安楽な静寂の境地に到達することが出来るのです。

○比丘たちは慈悲の心で生活し業のできない境地体得

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"比丘たちは慈悲の心で生活し業のできない境地体得" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント