比丘たちよ 舟から水を汲み出せよ 無漏の舟は悟りに達する

ダンマパダ 369

比丘よ、この舟から水を汲み出せ
汲み出せば、速く進むだろう
貪欲と怒りを汲み出せば
涅槃に到達するだろう


○この詩から学ぶこと

 「この舟」とは「自分」のことです。「水」とは「煩悩」のことです。舟から浸水した水を汲み出せば、舟は沈むことなく、舟は軽くなって速く目的地に到達します。そのように、自分から貪欲や怒りのような煩悩を汲み出せば、涅槃に速く到達できるのです。この詩の内容を実践することは難しいことかもしれませんが、意味は難しくありませんね。

 と思うのは軽率かもしれません。私はダンマパダの詩をかつて簡単だと思ったことはありましたが、後で釈尊の深い意図を汲み取れなかったことが何度もあります。しかし、私の現在のこの詩の理解はここまでですので、皆さん自身で、さらに深く吟味して、足りないところがあれば、私に教えて頂ければ大変ありがたいのです。それをコメントに書いて下さい。

 あえて、もう一つ書くとすれば、自分の修行が進んでないと思っている人は、自分という舟が煩悩という水で沈みそうになっているのではないかと自己点検をしたらよいのかもしれませんと言うことです。煩悩というものは形を変えて、心にいつまでも残っている可能性があります。冥想修行をして、怒りが少なくなったと思っても、冥想は進んでいるという慢心が潜んでいるかもしれません。これは悟りを妨げます。

 最後に、「漏」は煩悩を意味します。「無漏」は煩悩のないことです。

○比丘たちよ 舟から水を汲み出せよ 無漏の舟は悟りに達する 

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"比丘たちよ 舟から水を汲み出せよ 無漏の舟は悟りに達する" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント