一つずつ五つと五つ克服し執着捨てた比丘は阿羅漢

ダンマパダ 370

五つを切れ、五つを捨てよ
五つをさらに養成せよ
五つの執着を超えた比丘は
暴流を渡った人と言われる


○この詩から学ぶこと

 「五つを切れ」の五つは「五下分結」と言われ、1.有身見 2.疑 3.戒禁取 4.欲愛 5.激怒の五つです。(「初期仏教キーワード」150~152ページ参照)

 「五つを捨てよ」の五つは「五上分結」と言われ、6.色貪 7.無色貪 8.慢 9.掉挙 10.無明の五つです。(「初期仏教キーワード」150~153ページ参照)

 「五つをさらに養成せよ」の五つは「五根」と言われ、1.信根 2.精進根 3.念根 4.定根 5.慧根です。(「初期仏教キーワード」143~145ページ参照)

 「五つの執着」は1.貪 2.瞋 3.痴 4.慢 5.見 です。(「初期仏教キーワード」63、65、66ページ参照)

 「暴流を渡った人」とは、暴流は煩悩のこと、渡った人とは煩悩を克服した人のことです。この人は阿羅漢と言われ、完成な悟りを達成し、二度と輪廻することのない人です。

 以上がこの詩の言葉の説明ですが、それをリストアップするだけです。20の言葉の意味は「初期仏教のキーワード」に任せた形になっています。これを見ただけで、仏教は大変で、難しいと思われるかもしれません。確かに仏教は奥の深いもので、難しい面もあります。しかし、修行は一歩一歩です。一歩は難しくはないのです。一歩一歩進めばいいのです。

 上の20の言葉の意味も正確に理解する方がよいのですが、文字だけで意味が分かるわけでもないのです。仏教は実践がなければ、意味がないのです。しかも実践は一遍にすべては出来ません。一歩一歩です。

 上に書いた「五下分結」と「五上分結」に分類される10の煩悩を一つ一つなくし、10の煩悩を克服できれば修行は完成です。この10の煩悩を克服すると阿羅漢になります。

 五根の養成から始めましょう。1.信根 2.精進根 3.念根 4.定根 5.慧根の養成です。

 初めは信根の養成です。仏教の信根は、信仰ではありません。理解する能力です。何を理解するのか? 四聖諦と八正道です。これは何度もこのブログで述べてきたことです。既に仏教を勉強している方や仏教の修行をされている方は、それを確実に実践すればよにのです。また、このブログを読んで、ダンマパダの勉強することも役に立つと思います。

○一つずつ五つと五つ克服し執着捨てた比丘は阿羅漢
 
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"一つずつ五つと五つ克服し執着捨てた比丘は阿羅漢" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント