修行者の智慧と定とは両足だ 両足あれば涅槃に行ける

ダンマパダ 372

智慧がない者には定はない
定がない者には智慧はない
定と智慧のある者は
涅槃の境地のすぐそばだ


○この詩から学ぶこと

 智慧と定の関係は、虫眼鏡で物を見る時のことを考えるとよく理解できると思います。虫眼鏡のレンズの焦点を見る対象にぴったりと合わせると、見る対象が拡大されて、しかもはっきり見ることができます。逆に虫眼鏡が固定されてなく、レンズの焦点が対象にぴったり合っていなければ、対象はぼやけていて、対象ははっきり見えません。

 すなわち、虫眼鏡のレンズの焦点が対象にぴったり合っている時が定がある時です。その時は対象ははっきり見える時であり、その時が智慧がある時です。また、レンズの焦点を対象に合わせるには、対象がぼやけて見える状態から、だんだんはっきり見える状態にレンズを動かすことが必要です。その時は智慧が必要です。智慧がなければレンズの焦点を合わすことが出来ないのです。真理をはっきり見るためには、智慧と定でレンズの焦点を真理に合わせるために、智慧と定が必要なのです。

 私たちは、外界からの刺激に対してすぐに反応しています。外界の刺激は絶えず変化し、多様です。そのため、意識を何かに集中することが困難です。それは定のない状態です。定のない状態で外界を認識することは、外界をぼやけた状態で認識しているわけでありますから、外界を正しく認識していないのです。誤知しているわけです。

 外界の刺激は、私たちの欲を刺激し、そのとりこにしたり、またある時はその刺激に反発して怒りが生まれます。そのような私たちの心をコントロールするためには、智慧が必要なのです。やはり正しい認識を得て、真理を把握するためには、定と智慧が必要なのです。

 以上がこの詩の前半のポイントですが、後半は定と智慧がある者は、涅槃のそばにいるということですが、まだ涅槃の境地には達していません。定と智慧のある人は真理をありのままに見ることが出来る人です。この人は、すべての現象が無常、苦、無我であることが見えた人です。ですが、まだ、この人は執着を捨てていません。しかし、この人はすべての執着の無意味さを理解して、すべての執着を捨てることになるのです。その時、この人は涅槃に達した人と言うのです。

○修行者の智慧と定とは両足だ 両足あれば涅槃に行ける

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"修行者の智慧と定とは両足だ 両足あれば涅槃に行ける" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント