衣服にも食べ物にも価値置かず冥想する人をバラモンと言う

ダンマパダ 395

糞掃衣をまとい
痩せて血管が現われている
彼は独りで森の中で冥想している
私は彼をバラモンと呼ぶ


○この詩から学ぶこと

 「糞掃衣」とは、ごみ捨場に捨てられたぼろ布を集めて、洗い縫い合わせて作った衣のことをいいます。「 糞掃衣をまとい」とは、ぼろの衣服でも気にせずにということです。

 「痩せて血管が現われている」とは、美味しいものをたくさん食べていない、修行するために生きるのに必要な最低限の食べ物だけを食べているということです。

 つまり、この詩の一行目、二行目で、通常の人間の生き方とまったく逆の生き方をしている人間を表現しているのです。通常の人間は、なるべく立派な衣服を身に着けて、美味しいものをたくさん食べて、よく太って血管は脂肪に包まれてよく見えないのです。そのような生活に満足している。それが出来なければ、それが出来るようにあくせく働くのです。心を清らかにすることなど少しも考えていないのです。

 私が中学生の時、漢文の時間に学んだ論語に次のような言葉がありました。「道に志して悪衣悪食を恥ずる者は未だともに議するに足らざるなり。」(立派な人間になろうと志した人間が、もし自分の貧しい衣服や貧しい食べ物を恥ずかしがるような人間ならば、一緒に修行する価値はない。) 漢文の先生が自分の学生時代の弁当の貧しさの例に挙げて、「この言葉に励まされた」と講義の中で語ってくれましたので、それに共感して50年も前のことですが今でも覚えています。この論語の言葉も衣服と食物で、人間のあるべき生き方を示しているのです。

 では、通常の人間と逆の生き方をしている人間は何を求めているのでしょうか?「彼は独りで森の中で冥想している」のです。心を清らかにしようと思っているのです。心を清らかにすることがすべての苦から離れることであり、真の幸福にいたることだと考えているのです。

 冥想は心の汚れを落とし、心を清らかにするために行うものです。心の汚れとは欲や怒りや無知などの煩悩です。煩悩は妄想により現われるのです。妄想をなくせば煩悩をなくすことが出来るのです。ブッダの教えるヴィパッサナー冥想は妄想をなくす方法なのです。冥想し、妄想を止めると煩悩がなくなり、心が清らかになり、解脱するのです。そして涅槃に到達するのです。釈尊はそのような実践をする人をバラモンと呼ぶのです。そして釈尊はいつでも私たちにバラモンと呼ばれる人になることを勧めておられるのです。

○衣服にも食べ物にも価値置かず冥想する人をバラモンと言う


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"衣服にも食べ物にも価値置かず冥想する人をバラモンと言う" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント