バラモンは生まれではなく生き方だ欲も怒りもない生き方だ

ダンマパダ 396

私はバラモンの子宮あるいは母から
生まれただけでバラモンとは呼ばない
もし何かに執着する者であるならば
彼は「友よと呼ぶ者」であるだけの者だ
心に何もなく身体に執着のない人
彼を私はバラモンと呼ぶ



○この詩から学ぶこと

 今回はこの詩ができた因縁物語から始めます。ある時、サーヴァーティ町から来たバラモンが、釈尊が自分の弟子たちをバラモンと呼んでいることを知り、自分はバラモンの両親から生まれたので、バラモンと呼ばれるべきだと考えました。当時の名ばかりのバラモンたちは威張っていて、釈尊に対して尊敬の態度がなく、不遜にも釈尊に対して「友よ」と呼びかけていました。そのバラモンは釈尊に「自分もバラモンと呼ばれるべきだ」と主張しました。

 しかし、釈尊は上の詩のように、「バラモンの両親から生まれても私はバラモンとは呼ばない。」「もし何かに執着する者であるならば彼は『友よと呼ぶ者』であるだけの者だ。心に何もなく身体に執着のない人、彼を私はバラモンと呼ぶ。」と答えました。

 この詩でも、釈尊は生まれによって、バラモンになるのではない。心に何もなく身体に執着のない人がバラモンであるのだと宣言しました。心に何もなくとは、心に欲や怒りや無知などの煩悩がないということです。そして身体への執着がないとは、五欲すなわち見る欲、聞く欲、香りの欲、味わう欲、触れる欲への執着がない人の意味です。

 この詩の意味に近い詩が、ダンマパダ221番があります。7月26日のブログに書きました。御参照下さい。http://76263383.at.webry.info/200807/article_27.html


○バラモンは生まれではなく生き方だ欲も怒りもない生き方だ


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"バラモンは生まれではなく生き方だ欲も怒りもない生き方だ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント