無執着悟り終わって疑惑なく不死に達した彼はバラモン

ダンマパダ 411

執着がなく
完全智を得て疑惑なく
不死に達した人
彼を私はバラモンと呼ぶ


○この詩から学ぶこと

 西洋思想では、フランス革命のシンボルの言葉、自由、平等、友愛などの言葉が好んで用いられます。しかし、仏教ではあまり自由という言葉は使いません。なぜでしょうか。私たちは自由を知らないからです。私たちは自由を知らないので、自由を我がままと誤解するからです。

 仏教では自由の代わりに無執着という言葉を使います。なぜならば、執着ならば私たちはよく知っています。私たちは、いろいろなものに執着して生きています。執着しているということは、執着の対象に依存していることなのです。依存しているということは、それから独立していません。独立していなければ自由ではありません。このように、自由はいろいろな概念を経て理解されるのに対して、無執着は執着のない状態として理解されます。

 以上、回りくどい事をかきましたが、今回の詩の一行の「執着がなく」を説明したかったのです。ここは「自由があり」ではだめなのです。「取著がなく」でこの状態を、執着から類推して少し理解できるのです。完全に執着のない人は悟った人なのです。悟った人は、ありのままに見ることができます。そのため「完全智を得」ることができます。完全智とは何でしょうか? 究極の真実である三相(無常性、苦性、無我性)(星飛雄馬著「初期仏教キーワード」146、147ページ参照)、縁起及び四聖諦に関する智慧であります。「完全智を得た」人には疑惑はありません。

 「不死」とは涅槃のことです。「不死に達した人」とは涅槃の境地に達した人であります。その人は完全な悟りを得た阿羅漢です。釈尊はその人をバラモンと呼ぶのです。


○無執着悟り終わって疑惑なく不死に達した彼はバラモン


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"無執着悟り終わって疑惑なく不死に達した彼はバラモン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント