清らかな満月のように淡白で歓喜を望まぬ彼はバラモン

ダンマパダ 413

汚れない清らかな月のように
清浄で淡白であり
歓喜の生活を望まない人
彼を私はバラモンと呼ぶ



○この詩から学ぶこと

 皆さんはどのような人生を望んでいますか。最近は不況、景気が悪化して、企業の倒産やリストラがあるため、仕事が見つかればいい、住む場所があればいいなど、あまり派手な人生を望む人が、少なくなっているかもしれません。

 しかし、私たちの欲望を刺激するテレビコマーシャルや番組が多く放映されますから、不必要なものや贅沢なものが欲しくなったり、面白、可笑しく生きて生きたいと思う人は多いのではないかと思います。

 ところが、釈尊が指摘される通り、生きていることは苦しいのです。楽ではないのです。欲望は常に増え、満たされることがありません。そのため私たちいつも欲求不満なのです。また、人間は皆自己中心主義者ですから、そして自分も自己中心主義者ですから、必ずぶつかります。人間関係は上手くいきません。心にはいつも怒りが溜まっています。智慧はありませんから、解決方法は見つかりません。面白、可笑しくは生きてはいけません。

 釈尊は次のように教えています。不満をなくすためには欲を少なくする必要があります。人間関係を改善するためには自己中心的な考え方を止める必要があります。また人生の諸問題を解決するためには智慧を開発する必要があるのです。

 今回の詩を何度か読んで、イメージを作ってみて下さい。雲がかかってない満月を想像して下さい。赤っぽい月もありますが、この詩の場合は青白い月のよう思います。そして、「歓喜の生活を望まない人」と言われると、どうでしょうか、皆さんがあんまり成りたくない人ではないかと思います。

 この人は大いに喜び、大いに楽しむ、また大笑いしたりしている毎日を送っているようには思えません。毎日、静かに生活し、笑うと言ってもそっと微笑むくらいです。これは私の勝手なイメージですが、皆さんは刺激の多い生活になれていますから、このような生活は物足りないと思うのではないかと思いす。

 しかし、釈尊はこのような人をバラモンと呼ぶと仰っています。私はバラモンの内心は分かりません。バラモンの内心は私が想像するものと全然違うかもしれません。でも外観はそのように見えるのではないでしょうか。仏教を学ぶ人は人生を期待、願望で見るのではなく、ありのままの生活を観察して、如何に生きるか考えるべきではないでしょか。釈尊はその答えを教えています。実践するかどうか決めるのは私たちです。


○清らかな満月のように淡白で歓喜を望まぬ彼はバラモン


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"清らかな満月のように淡白で歓喜を望まぬ彼はバラモン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント