人生の障害難路乗り越えて涅槃に達した彼はバラモン

ダンマパダ 414


この障害、難路、
輪廻、愚痴を乗り越えて
彼岸に到った冥想者
動揺のない疑惑のない
執着のない涅槃に達した人
彼を私はバラモンと呼ぶ


○この詩から学ぶこと

 人生にはいろいろな障碍や難路があります。人生の障害というと、何を思い浮かべるでしょうか?人生の初めの障害は出産です。細い厳しい産道を死ぬ思いで生み出されるのです。赤ん坊はその苦しみをすぐ忘れてしまうので、覚えている人はいないでしょうが、最初の障害の筈です。受乳も大変ですし、病気も障害です。小学校への入学も障害です。勉強も障害ですし、受験も障害、就職も失業も障害、結婚や離婚も障害です。障害の連続だから生涯と言うのかもしれません。

 また、難路の連続でもあります。とにかく生まれてきても、安楽に生きることは出来ません。必死に泣かなければミルクをくれません。また、必死に泣かなければオムツを代えてくれません。そうでなければ、お腹がすいても、気持ちが悪くても我慢しなければなりません。兄弟がいれば兄弟にいじめられるし、だれもいなければ寂しいのです。生きている限り難路は続くのです。

 以上、人生の障害や難路の一部について述べましたが、これらはすべて人間の外側の環境なのであります。しかし、実は人生の本当の障害や難路は人間の内側、心にあることを忘れてはいけないのです。最も、この宇宙の歴史において、釈尊がこの事実を初めて発見したのでありますから、皆様が気がつかないのはやむおえないことであります。

 人生の苦しみの原因は渇愛なのです。これは釈尊が悟られた第一真理、苦聖諦です。ですから障害といえば渇愛なのです。また困難、失敗、不幸の原因は煩悩なのです。ですから難路と言えば煩悩です。煩悩が生命を苦しみの世界である輪廻に結びつけているのです。この事実に気づけないのは、愚痴、無明が原因なんです。

 ですから、渇愛、煩悩、愚痴(無明)を乗り越えるために、ヴィパッサナー冥想を行う必要があります。ヴィパッサナー冥想により智慧が開発され、無明が破れ、煩悩を捨てることが出来るのです。そして、輪廻から解脱して涅槃に到達するのです。

 冥想して、涅槃に達した人には動揺はなく、疑惑もなく、釈尊からバラモンと呼ばれるのです。


○人生の障害難路乗り越えて涅槃に達した彼はバラモン


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

"人生の障害難路乗り越えて涅槃に達した彼はバラモン" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント