不放逸死なない道だ放逸は生きていながら死んでるようだ

ダンマパダ 21、22、23


不放逸は不死の道だ
放逸は死の道だ
不放逸の人々は死なない
放逸の人々は死んでるようだ

このことをはっきり知って
不放逸な賢者たちは
不放逸を喜び
聖なる境地を楽しむ

彼らは堅忍不抜で
常に強い努力の瞑想者である
賢者たちは束縛から離れて
最高の涅槃を体得する


○この詩から学ぶこと

 ダンマパダの21番から32番までは、ダンマパダ「第2不放逸の章」になります。「不放逸」は、仏陀が私たちに残した遺言「諸法は過ぎ去るものである。不放逸によりて精進せよ。」の中の言葉なのですから、仏陀の四十五年の総まとめの言葉でなのです。これからこの章の12の詩で不放逸の意味を学んでいきたいと思います。

 さて、初めは「不放逸は不死の道だ」と述べられています。これは少し難しいですね。不死とは何ですか? 不死とは生きているという意味です。生きているとはどういうことでしょうか?スマナサーラ長老は瞑想指導の中で、これは大切なことですから繰り返し教えられることです。それは感じているということです。逆に感じていなければ生きていないのです。
 「道」は「方法」としておきましょう。

 ここで「不放逸は不死の道だ」を上の解釈で言い換えてみましょう。「不放逸は生きていることの方法だ」 そして「不放逸は感じていることの方法だ」ということになります。なぜ、改めてそのようなことを言うのでしょうか? 実は私たちは感じていないからなのです。つまり、生きていないからなのです。

 納得はいかないかもしれません。少し説明しましょう。感じるということは、今の瞬間を感じるということです。過去の感じは記憶の中の感じてありのままの感じではありません。また、未来の感じを感じたとしたら、それは予想の感じであり、今のリアルの感じではないのです。ところが、私たちは常に、過去の事柄を後悔するか、まだ起きてない未来の事柄を期待するか心配しているのです。ですから、今の瞬間のリアルの感じについては上の空で感じていないのです。つまり、感じていないのですから、生きていないのです。ですから、不死ではなくて、死んでいるようなのです。

 ですから、不放逸は不死の道であり、不放逸の人々は死んでいないのです。一方、放逸は死の道であり、放逸の人々は死んでいるようなのです。

 賢者は不放逸と放逸の違いをはっきり知って、不放逸の実践を喜び楽しむようになります。

 不放逸の実践は、過去への執着から離れ、未来への期待からも離れ、現在をありのままに感じることにより、現在への執着からも離れ、涅槃を体得するのです。

 不放逸とは、今をリアルに感じる方法なのです。八正道の正念です。ヴィパッサナー瞑想はそのための実践なのです。

 *不死の通常の意味は涅槃という意味ですが、私はあえて「生きている」と解釈しました。

○不放逸死なない道だ放逸は生きていながら死んでるようだ
○このことをはっきり知って賢者たち不放逸の境地喜び楽しむ
○賢者たち堅忍不抜の瞑想者束縛離れ涅槃を体得


~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"不放逸死なない道だ放逸は生きていながら死んでるようだ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント