愚か者自分を愚かと思うならそれこそそれで彼は賢者だ

ダンマパダ 63

愚か者が自分が愚かと思うならば
その人はそれによって賢者だ
愚か者が自分を賢いと慢心するならば
その人はそれこそ愚か者と言われる


○この詩から学ぶこと

 このダンマパダの詩は、古代ギリシャの哲学者プラトンの「ソクラテスの弁明」(無知の知)が引用されて解説されることがあります。その内容は次のようなものです。「彼は何も知らないのに、何かを知っていると信じており、これに反して私は、何も知りもしないが、知っているとも思っていない。」 つまり、ソクラテスは自分が知らないことを知っているだけ、彼らより賢いというわけであります。

 また孔子は論語の中で「これを知るを知るとなし、知らざるを知らずとせよ。これ知るなり。」と述べています。ついでに、老子からも引用しましょう。「知りて知らずとするは上なり、知らずして知るとするは病なり。」

 東西の賢者・聖人が述べていることは、自分が知らないということ、分かってないということを自覚することが非常に大切だということです。自分は知っている、分かっていると思ってしまえば、それ以上知ろうとしないし、分かろうとしません。そこで進歩が止まります。向上心が生まれてきません。私たちが知っていることなど、ほんの僅かだし、真理を知らない愚か者である私たちにとって、知っていること、分かっていることなど間違いが多いのです。ですから私は分かっていない愚か者だと思った方が正解なのです。むしろ本当にそのことを自覚できれば、その人は賢者なのです。

 ところが、自分が分かってないと思うのはなかなか難しいことです。ですから、老子の言葉のように、「知りて知らずとする」ことは有効な方法だと思います。すなわち、私の解釈では、「自分は知っていると思っているが、まだまだ本物ではない。まだ本当には分かってないのだ。」と自分に言い聞かせるのです。

 特に、ブッダの言葉は、深遠な智慧によって正しく説かれた真理ですから、世間的な常識では理解できないのだと自覚して、分かったと思っても本当にブッダの意図が理解できてないと思った方が正しいのです。

 では私たち人間が、どのようにブッダが言われるように愚か者なのか、スマナサーラ長老の著書「あべこべ感覚」(サンガ新書)から引用して、列挙します。この本には、愚か者であることを「顛倒」という言葉で表現されています。
 顛倒が起こる場所
1.概念の顛倒 : 何かを見たり、聞いたり、嗅いだり、何かを感じるときに顛倒が起こる。
2.心の顛倒 : 心に詰まっている古い概念のために、新しい情報が正しく知ることができない。
3.見解の顛倒 : 自分の見解のため、新しい情報を正しく判断することができない。
 上記3つ顛倒の場所で起こるやってはいけない顛倒(愚かなこと)
1.常住 : 無常という真理に対する常住という顛倒
2.楽 : 苦に対して楽という顛倒
3.我はいる : 我はないという真理に対して、我はあるという顛倒
4.肉体はきれい : 「不浄である」である肉体に対して「浄である」という顛倒
(詳しい説明は上記「あべこべ感覚」を参照してください。)
   
 このように見てみると私たちはやってはいけない顛倒(愚かなこと)をやっているのです。ですから現状の私たちは愚か者なのです。このことを自覚して、顛倒しない見方、正しく見る見方ができるように学ぶ必要があるのです。真理を学ぶこと、修行は愚か者の自覚から始まるのです。悲観することはありません。

○愚か者自分を愚かと思うならそれこそそれで彼は賢者だ

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
 

"愚か者自分を愚かと思うならそれこそそれで彼は賢者だ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント