善人は楽しみ求めしゃべらない 賢い人は動揺しない

ダンマパダ 83

人格者はどんなとこでもこだわり捨てる
善人は楽しみ求めてお喋りしない
賢者は楽しい時も苦しい時も
舞い上がったり落ち込んだりしない


○この詩から学ぶこと

 賢者とは賢い人、智慧のある人という意味ですが、この詩では賢者の他の面について述べています。

 賢者は人格者です。人格者はこだわりが少ない人ですが、何かにこだわりがあってもそれを捨てることができるのです。ですから人間関係においても、人との対立が少なくなります。ですから、人格者は角の取れた人と言われるのです。

 賢者は善人です。善人は悪いことをしません。仏教ではしてはいけない十悪を明確にしています。十悪は、殺生(殺す)・偸盗(盗む)・邪淫(邪な行為をする)・妄語(嘘を言う)・両舌(噂を言う)・綺語(無駄話を言う)・麁悪語(悪口を言う)・瞋恚(心で勝手に妄想する怒り)・貪欲(心で勝手に妄想する欲)・邪見(間違った意見を持つ)と言う十種類の行為です。

 悪いことは十あるのに、善人の特徴に「楽しみ求めてお喋りしない」、これは無駄話をしないことですが、なぜこれを選んでいるのでしょうか。無駄話はそんなに悪いことなのでしょうか。十悪すべて悪いのですが、無駄話は軽視できないのです。スマナサーラ長老著の「的中する生き方」では、無駄話は「時間をものすごく無駄にしてしまい、頭がどんどん悪くなる点です。人格のためによいことは、一かけらもありません。」と述べられています。無駄話は、ほとんど妄想に基づくのです。妄想は自分の心を汚します。それに基づく無駄話は人の心まで汚すのです。また、妄想から他の悪行為も生まれます。無駄話は軽視できない悪行為なのです。

 逆に無駄話を止めると、時間の余裕ができ、頭が軽くなり、頭がよくなります。無駄話は楽しいと思っている人も、無駄話をやめると、頭と心に落ち着きができて、今までに感じたことのない爽快感を感じます。ですから、賢者は無駄話はしないのです。

 普通の人は、楽しいことがあると興奮し、舞い上がります。また悲しい辛いことがあると、暗くなり、落ち込みます。感情の起伏が激しいのです。考え方や行動が感情に支配されています。いわば泣いたり、怒ったり、笑ったり、騒がしいのです。

 しかし、賢者は、世の中のことは無常であることを知っています。また不完全なものであることも知っています。変わらない実体(我)がないことも知っています。ですから好いことがあっても、それだからと言って興奮せず、悪いことがあっても悲観したり、落ち込んだりしません。いつも理性的であり、冷静です。

 このような賢者は、八正道を実践し、最高の幸福である涅槃を目指すのです。

○善人は楽しみ求めしゃべらない 賢い人は動揺しない

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"善人は楽しみ求めしゃべらない 賢い人は動揺しない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント