戦場で百万人に勝つよりも一人の己に打ち勝ちがたい

ダンマパダ 103、104、105

戦場で百万人に
打ち勝つよりも
一人の己に勝つ者が
最上の戦勝者だ (103)

他の人々に勝つよりも
己に勝つ方がすぐれている
絶えず己を制し
行いを制御する者 (104)
このような人の勝利を
神も音楽神も
悪魔も梵天も
敗北にすることはできない (105)


○この詩から学ぶこと

 今回の三つの詩のテーマは「己に勝つこと」「克己心」です。

この三つの詩については日本テーラワーダ仏教協会のホームページにスマナサーラ長老の説話があります。特にこれらの詩ができた因縁物語が詳しく、興味深く書かれていますので、是非お読み下さい。

 103番:http://www.j-theravada.net/howa/howa36.html

 104、105番:http://www.j-theravada.net/howa/howa37.html


 ここでは、なぜ「己に勝つこと」は難しいのか考えてみたいと思います。先ず、なぜ己に勝たなければいけないのでしょうか?「己に勝つ」とは感情で生きている自分に勝つことと定義しておきます。

 己に勝つ必要があるのは、私たちが幸福でありたいからです。己に勝たなければ、幸福にならないからです。自分の思うままに生きるということは、感情のままに生きることです。感情のままに生きるということは、欲や怒りや無知のままに生きることです。慈しみや哀れみの感情などもありますが、その心は育てなければ弱いもので、欲や怒りには負けてしまうのです。ですから、感情のままに生きると、自分勝手な悪行為を重ねることになり、不幸になるのです。悪行為を重ねると、まわりの人々に嫌われ不幸になっていくことはすぐ分かりますね。ところが、私たちは感情のままに生きては幸福になれないということをよく理解していないのです。ですから、まずここに「己に勝つこと」の難しさがあります。つまり、感情のままに生きること止めようと思ってないのです。

 感情のままに生活する、感情のままに行為するのが、私たちの日常生活ですから、私たちはそのことに何の違和感がないのです。つまり、自分が感情のままに生きていることが自覚できていません。自覚してないものを直すことは難しいのです。いや、それはできないのです。ですから、「己に勝つこと」は難しいのです。

 慣れているから自覚できない上に、私たちは自分自身についてはよく分からないのです。私たちは他人の欠点や誤りはよく分かります。ですから、人の行為を見て、笑ってたり、非難したりします。しかし、自分が同じことをしても気がつきません。よく人は目は外を見るようにできていて、自分を見るためにできないといいます。ですから、自分に勝つことは難しいのです。

 しかも、自分が感情的に生きていること、自分勝手に生きていることが自覚できるようになっても、その行為は習慣になっていて、変えるのには、変える意志が必要です。何度も挑戦して変える克己心が必要です。ですから、「己に勝つこと」は難しいのです。ですから、このような困難を乗り越え、「一人の己に勝つ者は 最上の勝利者」なのです。

○戦場で百万人に勝つよりも一人の己に打ち勝ちがたい

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"戦場で百万人に勝つよりも一人の己に打ち勝ちがたい" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント