昼も夜仏陀の弟子は覚醒し不害の心を楽しんでいる(300)

ダンマパダ 300,301

常に仏陀の弟子は
よく覚醒していて
昼も夜も
不害を心楽しむ (300)

常に仏陀の弟子は
よく覚醒していて
昼も夜も
修行を心楽しむ (301)


○この詩から学ぶこと

 300番の詩のキーセンテンスは「不害を心楽しむ」です。301番は「修行を心楽しむ」です。

 先ず、「不害」について、仏教ではある概念に「不」をつけて新しい概念を表現する場合がかなりあります。代表的なものに、貪(むさぼり)、瞋(怒り)、痴(無知)に不をつけた、不貪、不瞋、不痴という言葉があります。しかし、私たちは貪(むさぼり)、瞋(怒り)、痴(無知)については、いつも経験していますからよく分かりますが、不貪、不瞋、不痴についてはほとんど経験してないのです。ですから本当は分からない概念なのです。ですから経験して分かる概念に「不」をつけて、新しい概念を予想するのです。でも、実際には想像以上に大きく、強い概念なのです。一応そのようなものだと思うほかにはないのです。

 今回の「不害」もこのような言葉なのです。「害する」とは、肉体的にも、精神的にも傷をつけること、殺害することという意味です。その言葉に「不」をつけたらどのような意味になるでしょうか。例えば、Aを否定してAでないといったら、A以外すべてですから、「Aでない」の意味は大変大きなものになるのです。同様に、「害しない」は単に、傷をつけない、殺害しないという意味だけでなく、慈しみの心も含み、実はそれ以上大きなものなのです。ですから、「不害」と言ったら、「慈悲喜捨」の無量心と同様に考えていいのではないでしょうか。仏陀の弟子は昼も夜も、無量心を楽しんでいるということです。改めて、「不害」について考えて見て下さい。

 次は「修行を心楽しむ」です。たまには、論語の言葉を引用してもよいでしょう。「これを知るものはこれを好む者に及ばない。これを好む者はこれを楽しむものに及ばない。」 この言葉のように、修行が楽しめれば、淡々と、求めることなく、止まることなく、修行を続けることができ、煩悩の大河を渡ることができるようになります。仏陀の弟子たちは、昼も夜も修行を楽しめるようになっているのです。

 ですが、初めから、このようにはできません。初めは仏陀の教えを学び知ることから初めなければ、仏陀の教えを好むこともできません。また楽しむこともできないのです。ですから、知ることから始めるものなのです。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200809/article_18.html
 (300)仏陀の弟子はよく覚めていて不害の心を楽しむよ

http://76263383.at.webry.info/200809/article_19.html
 (301)仏陀の弟子はよく覚めていて慈悲の心を楽しむよ

○少しでもブッダの肉声に近づくために(カタカナを3回音読して下さい。)

スッパブッダン パブッジャンティ
Suppabuddhaṃ  pabujjhanti,
よく目覚めて  目覚めている
サダー ゴータマサーワカー
sadā   gotamasāvakā;
常に  ゴータマの弟子は
イェーサン ディワー チャ ラットー チャ
Yesaṃ     divā    ca   ratto   ca,
彼らは    昼     も   夜   も
アヒンサーヤ ラトー マノー
ahiṃsāya    rato   mano.(300)
不害の    楽しむ 心で

スッパブッダン パブッジャンティ
Suppabuddhaṃ  pabujjhanti,
よく目覚めて  目覚めている
サダー ゴータマサーワカー
sadā   gotamasāvakā;
常に  ゴータマの弟子は
イェーサン ディワー チャ ラットー チャ
Yesaṃ    divā     ca   ratto   ca,
彼らは    昼     も   夜   も
バーワナーヤ ラトー マノー
bhāvanāya    rato   mano.(301)
修行の     楽しむ  心で

○昼も夜仏陀の弟子は覚醒し不害の心を楽しんでいる(300)
○昼も夜仏陀の弟子は覚醒し修行の心を楽しんでいる(301)


~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"昼も夜仏陀の弟子は覚醒し不害の心を楽しんでいる(300)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント