破戒僧食事の布施を受けるより熱玉呑めよ地獄よりよい

ダンマパダ 第22章 地獄 308

戒を守らず無節操な比丘は
土地の信者の布施を受けるより
熱い火炎のような
鉄の玉を呑む方がましだ


○この詩から学ぶこと

 この詩は地獄の恐ろしさを知らないと理解できないのです。火のような鉄の玉を呑んだら、口は焼けどして、死んでしまいます。その苦しさは想像もできません。しかし、地獄の苦しさと比べると比較できないほどたいしたことではないのです。しかも、熱鉄玉を呑んで死んだら、その苦しさは一度で終わりますが、地獄の苦しさは、何千年、何万年、何憶年と続くのです。さらに、地獄から生まれ変わっても、地獄に行くような悪業は一度では終わらず、少なくとも7回地獄に再生するのです。ですから、地獄行くくらいなら、熱鉄玉を呑んだほうが、苦しくないのです。

 戒律を守らない比丘が、それだけで悪業を作っているのですが、比丘を信頼している信者さんにお布施を頂いたら、それこそ信者さんを裏切り、地獄に行くような悪業を作ることになるのです。そのため、この詩で述べているように、お布施を受けとるくらいならば、熱鉄玉を呑んだ方がよいのだというのです。地獄に行くような悪業を作らないのですから。

 さて、人々が道徳を守り、社会秩序を維持するために、2つ心の要素(心所)があります。それは、慚(ざん、パーリ語ではヒリhiri)と、愧(き、パーリ語ではオッタッパottappa)です。

 「慚」は悪いことをすると恥ずかしいと思う気持ちです。これが気持ちが強いと悪いことはしません。よい意味のプライドです。自分は悪いことをするような人間ではないという矜持です。この気持ちがあれば、悪いことをすると恥ずかしいと思うのです。

 「 愧」です。悪いことをすることを恐れる気持ちです。悪いことをすると、親や先生から怒られるのを恐れるということがあります。また、犯罪を犯せば罰せられることを恐れるということもあります。しかし、何よりも大切なことは、因果法則を理解して、悪因悪果を恐れること大切です。この法則からは逃れられないのです。他人が見ていようが、見ていまいが必ず、悪業の結果は現れるから、悪い結果を恐れる気持ちです。これがあれば悪いことはしません。

 今回の詩は、比丘に悪を恐れる気持ち 「愧」の心を育てるために、述べられたものでしょう。

 最後に、「日常読誦経典」の「戒め(サッレカ・スッタ)」p81から引用します。

38.他人は悪を恥じないが、我々は悪を恥じるようにと戒めましょう。
39.他人は悪を恐れないが、我々は悪を恐れるようにと戒めましょう。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200809/article_26.html
 戒を守らぬ悪行比丘は布施を受けずに火玉呑め

○この詩の原文(パーリ語)及びその読み方と意味

セッヨー アヨーグロー ブットー
Seyyo   ayoguḷo     bhutto,
よりよい 鉄球を     食する方が
タットー アッギスィクーパモー
tatto    aggisikhūpamo;
熱い   火の炎のような
ヤンチェー  ブンジェッヤ  ドゥッシーロー
Yañce      bhuñjeyya    dussīlo,
その人がもし 食するならば 破戒の
ラッタピンダマサンニャトー
raṭṭhapiṇḍamasaññato.
土地で食を受ける無制御の人

○破戒僧食事の布施を受けるより熱玉飲めよ地獄よりよい

~私は幸せでありますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~

"破戒僧食事の布施を受けるより熱玉呑めよ地獄よりよい" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント