放逸で他人の妻を犯す者悪業不満非難と地獄(309)

ダンマパダ 第22章 309、310

放逸で他人の妻に近づく者は
四つの事に遭遇する
悪業が増え、満足がない 
第三は非難、第四は地獄(309)

悪業を得、死後は地獄を
怯える男と怯える女の快楽は少ない
国王は重い罰を与える
それ故に他人の妻に近づくな(310)


○この詩から学ぶこと

 8月3日に引用した「シガーラ教戒経」から、「奥さんへの5つのお勤め」と「奥さんの5つのお勤め」を引用します。

「奥さんへの5つのお勤め」
1.誉める。尊敬する。
2.けっして貶してはいけません。
3.不倫をしてはいけません。
4.奥さんに家の財産を一切任せてください。
5.装飾品をプレゼントしなさい。

「奥さんの5つのお勤め」
1.家の仕事きちんと整理してちゃんとやる。
2.家のほかの人びとのことも自分がちゃんと面倒みる。
3.不倫はしません。
4.財産を守る。
5.どんな仕事でも上手に、すぐ、文句言わないでこなす。
     (スマナサーラ長老 著「ブッダの青年への教え」p209~p212)

 「シガーラ教戒経」で教えているように、夫も妻も行えば、幸せになるのです。ところが309番に述べるように不倫をすれば、四つの恐ろしい不幸がまっています。ですから310番に述べているように、不倫はやめたほうがいいのです。

 前回の解説で述べた「真実の愛(?)」などが、不倫の言い訳にはならないのです。その点はよく見極めて、どんな場合も感情に流されず、理性的に行動することが大切です。それができる修行が大切であることは言うまでもないことです。


○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200809/article_27.html
 他人の妻に近づく者は苦しみ増えて地獄行く


○この詩の原文(パーリ語)及びその読み方と意味


チャッターリ ターナーニ ナロー パマットー
Cattāri     ṭhānāni    naro   pamatto,
四つ     問題に    人は  放逸な
アーパッジャティ パラダールーパセーヴィー
āpajjati        paradārūpasevī;
陥る         他人の妻に従う者
アプンニャラーバン ナ ニカーマセッヤン
Apuññalābhaṃ    na   nikāmaseyyaṃ,
禍を招くことを   ない  満足 よりよい
ニンダン タティーヤン ニラヤン チャトゥッタン
nindaṃ   tatīyaṃ    nirayaṃ   catutthaṃ.
非難を   第三に   地獄に   第四に

アプンニャラーボー チャ ガティー チャ パーピカー
Apuññalābho      ca   gatī     ca   pāpikā,
禍を招くこと      と   死去   と   悪所
ビータッサ ビーターヤ   ラティー チャ トーキカー
bhītassa    bhītāya     ratī     ca  thokikā;
恐れた男の 恐れた女の 楽は    と  少し
ラージャー チャ ダンダン ガルカン パネーティ
Rājā      ca   daṇḍaṃ  garukaṃ  paṇeti,
王の     と   罰を    重い   与える  
タスマー ナロー パラダーラン ナ セーヴェー
tasmā    naro   paradāraṃ   na  seve.
それ故   人は 他人の妻に  な 近づく

○放逸で他人の妻を犯す者悪業不満非難と地獄(309)
○邪な行為をする者もろもろの禍あるので直ぐ止めるべき(310)

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~
 

"放逸で他人の妻を犯す者悪業不満非難と地獄(309)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント