友がいる満足してる徳がある苦悩なければ幸福という(331)

ダンマパダ 第23章 象 331,332,333

困ったときに友がいるのは幸福です
どんなことにも満足するのは幸福です
命が終わるとき福徳のあるのは幸福です
一切の苦を捨てるのは幸福です

この世で母孝行できるのは幸福です
またこの世で父孝行できるのは幸福です
この世で出家者を敬うのは幸福です
またこの世で阿羅漢を敬うのは幸福です

老いるまで道徳を守るのは幸福です
確信が揺るがないのは幸福です
智慧を得るのは幸福です
悪いことをしないのは幸福です


○この詩から学ぶこと

 すべての人間は幸福を求めています。しかし、幸福になる人もいますが、不幸になる人もいます。なぜでしょうか? その問いに答える前に、何が幸福で、何が不幸なのでしょうか。それをしっかり考えておく必要があります。はじめは、抽象的に考えるのではなく、具体的に考える方が理解し易いのです。

 私たちにの生活は困難で、困ったことが多いのです。しかし、そのような時、親身になってくれる友がいれば、心強いし助かります。その時、幸福だと思います。この時の友は善友です。悪友であったら酷い目にあいます。

 私たちは結構不満が多いのです。先ず自分自身について不満があります。自分の体に不満があります。もう少し背が高ければよいのに、もう少し容姿が美しければよいのに、もう少し頭がよければよいのにと思います。人間関係にも不満があります。親は子供に対して、子供は親に対して不満があります。夫は妻に対して、妻は夫に対して不満があります。職場では上司と部下の間や同僚との間にも不満があります。社会や政治に対しても不満があります。切りがないのです。ところがどうでしょうか。「どんなことにも満足する」ことができたら、それは幸福ではないでしょうか。つまり、「 どんなことにも満足するのは幸福です。」

 この詩では、 「命が終わるとき、福徳のあるのは幸福です」と述べています。これは、輪廻を信じている人にとっては切実な事柄なのです、福徳があれば、死後悪い所に生まれ変わる心配がないのです。福徳があれば善い所に生まれ変わって幸せな生活が送れるからです。そのような人々にとっては福徳があることは幸せなのです。福徳があるとは、善行為をたくさん行ったということです。

 何が幸福が分からない人も、苦しみは知っている筈です。例えば、不満があるとはその不満による苦しみがある筈ですから、私たちは苦しみは実感を持って知っている筈です。ではそれらの苦しみがすべてなくなったとしたらどうでしょうか。それは幸福と言ってもいいのではないでしょうか。
ですから、この詩では「 一切の苦を捨てるのは幸福です」と歌っているのです。

 このようにして、この詩では、更に次のように、幸福とは何か述べています。

この世で母孝行できるのは幸福です
またこの世で父孝行できるのは幸福です
この世で出家者を敬うのは幸福です
またこの世で阿羅漢を敬うのは幸福です

老いるまで道徳を守るのは幸福です
確信が揺るがないのは幸福です
智慧を得るのは幸福です
悪いことをしないのは幸福です

 これで、幸福とは何か具体的に分かったと思います。では初めの問いを考えてみましょう。人間は幸福を求めているのに、不幸になる人もいるのはなぜでしょうか?

 不幸になる人は次のような人です。困った時に友がいないからです。どんなことにも満足をしないからです。死ぬ間際になっても福徳がないからです。一切の苦しみを捨てないからです。母孝行をしないからです。父孝行をしないからです。出家者を敬わないからです。阿羅漢を敬わないからです。道徳を守らないからです。生きるために必要な確信がないからです。悪いことをするからです。

 「この世で母孝行できるのは幸福です」から「悪いことをしないのは幸福です」までは、前回の「この詩から学ぶこと」に解説してありますので、参照してください。


○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200810/article_12.html
 善友満足福徳捨苦 孝行敬出家阿羅漢 道徳確信智慧不悪行

○この詩のパーリ語原文

331.
アッタンヒ ジャータンヒ スカー サハーヤー
Atthamhi  jātamhi    sukhā   sahāyā,
必要な時 生じた時   幸福だ  友
トゥッティー スカー ヤー イタリータレーナ
tuṭṭhī     sukhā   yā   itarītarena;
満足は   幸福だ こと  どんなことでも
プンニャン スカー  ジーヴィタサンカヤンヒ
Puññaṃ   sukhaṃ  jīvitasaṅkhayamhi,
福徳は   幸福だ  命が尽きる時に
サッバッサ ドゥッカッサ スカー  パハーナン
sabbassa   dukkhassa  sukhaṃ  pahānaṃ.
すべての  苦の    幸福だ  捨てること
332.
スカー マテッヤター   ローケー
Sukhā  matteyyatā     loke,
幸福だ 母を敬うことは  この世で
アトー ペッテッヤター  スカー
atho   petteyyatā     sukhā;
また  父を敬うことは  幸福だ
スカー  サーマンニャター ローケー
Sukhā   sāmaññatā      loke,
幸福だ  沙門を敬うことは この世で 
アトー ブラフマンニャター  スッカー
atho   brahmaññatā      sukhā.
また  阿羅漢を敬うことは  幸福だ
333.
スカン  ヤーワ ジャラー スィーラン
Sukhaṃ  yāva   jarā    sīlaṃ,
幸福だ  まで  老年   戒を守ることは
スカー サッダー パティッティター
sukhā   saddhā  patiṭṭhitā;
幸福だ 確信が  確立している
スコー  パンニャーヤ パティラーボー
Sukho   paññāya     paṭilābho,
幸福だ  智慧を     得ることは 
パーパーナン アカラナン  スカン
pāpānaṃ     akaraṇaṃ   sukhaṃ.
諸悪を    為さないことは 幸福だ


○友がいる満足してる徳がある苦悩なければ幸福という(331)
○親孝行この世で行い出家者と阿羅漢敬う幸福という(332)
○老いるまで戒を守って信があり智慧を得ること幸福という(333)


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~


 
◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。    

"友がいる満足してる徳がある苦悩なければ幸福という(331)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント