草の根を掘り起こして枯らすように渇愛抜いて幸福であれ(337)

ダンマパダ 第24章 渇愛 337

我はここに集まった汝らに説く
汝らよ、幸福であれ
ビーラナ草の根のように
渇愛の根を掘り起こせ
汝らよ、アシが流されるように
繰り返し悪魔に破壊されるな


○この詩から学ぶこと

 この詩は精舎に集まった比丘や在家の信者たちに、次のように祝福するところから始まります。

 「汝らよ、幸福であれ」、これは釈尊の唯一の願いでした。釈尊の説法は八万四千とも言われていますが、それらはすべて生命の幸福を願って、説法されたものです。しかも最高の幸福である涅槃への道を教えるために行われたものです。私たちが釈尊の言葉を理解できない時、その言葉は私たちの幸福のために話されたものであるとして、学び治すと、その意味が分かり始めるこよが度々あります。

 釈尊は「汝らよ、幸福であれ」と人々に祝福されたのですが、そのための方法を以下で述べられます。先ず、私たちが幸福であることを妨げているものを明らかにしています。それは渇愛なのです。渇愛が幸福であることを妨げ、悩みや苦しみを生み出しているのです。

 渇愛の取り除き方も述べられたいます。ビーラナ草の根は薬になるので、ビーラナ草は根まで掘り起こされるのです。そのように、渇愛を根こそぎ掘り起こして、取り除く必要があるのです。渇愛の根が少しでも残っていると、また渇愛は現れてくるからです。

 釈尊は五欲にたいする渇愛を激流の譬えます。この渇愛が幸福を破壊し押し流すからです。仏教では世界を欲界、色界、無 色界の三つに分けますが、人間の住む世界は欲界なのです。欲界は輪廻の世界なのです。この欲界の支配者は悪魔(マーラ)だといわれています。この悪魔が渇愛によって人間の幸福を破壊しているのです。ですから、釈尊は、渇愛を根絶やしにして、幸福を破壊しないように教えているのです。「繰り返し」とは、輪廻を繰り返してという意味です。生まれ変わるたびに、渇愛によって幸福を破壊しないように仰られているのです。

○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200810/article_15.html
 草の根を掘り起こして枯らすように渇愛抜いて幸福であれ

○この詩のパーリ語原文

337.
タン  ヴォー ワダーミ バッダン   ヴォー
Taṃ   vo    vadāmi  bhaddaṃ    vo,
人々に 汝らに 説く   幸福であれ 汝らよ
ヤーワンテッタ   サマーガター
yāvantettha      samāgatā;
それだけ ここに  集まった人々
タンハーヤ ムーラン カナタ
Taṇhāya    mūlaṃ  khaṇatha,
渇愛の    根を   掘り起こせ
ウスィーラットーワ ビーラナン
usīratthova      bīraṇaṃ;
根のように      ビーラナ草の
マー  ヴォー ナランワ  ソートーワ
Mā    vo    naḷaṃva   sotova,
なかれ 汝らよ 葦の    流され ように
マーロー バンジ   プナップナン
māro    bhañji    punappunaṃ.
悪魔が  破壊する 何度も


○草の根を掘り起こして枯らすように渇愛抜いて幸福であれ(337)


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~


 
◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。    

"草の根を掘り起こして枯らすように渇愛抜いて幸福であれ(337)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント