渇愛は三十六の流れなりその貪欲は彼を押し流す(339)

ダンマパダ 第24章 渇愛 339、340、341

彼に快に向って流れる
三十六の激しい渇愛あれば
その貪欲に基づく思考は
邪見者を押し流す

渇愛の流れはどこにでも流れ
葛のような渇愛は芽を出す
その繁茂する葛を見て
その根を智慧によって切り取れ

人々は愛欲に流され
快楽への愛着がある
彼らは快に依存し楽を求める
こうして生老の輪廻に近づく



○この詩から学ぶこと

 前回の「この詩から学ぶこと」には、渇愛についての話が続いたので、ソーナという仏弟子のエピソードを引用しました。修行はあまり根をつめて行っても、効果がないのです。リラックスして、淡々と行うべきなのです。興味のある方は参照してください。

 三十六の激しい渇愛についても前回説明しましたので、そちらを参照してください。渇愛はいろいろな所で発生するので、多くの渇愛の流れがあるのです。例えば、また出ますが、ケーキを見て発生する渇愛があります。ケーキを食べて現れる渇愛があります。音楽を聴いて現れる渇愛があります。テレビのコマーシャルを見て現れる渇愛があります。いたる所で、渇愛は現れるので注意が必要なのです。

 皆さんは、葛(くず)が繁茂しているところを見たことあるでしょうか。葛根湯という、風邪に使う漢方薬があります。これは葛の根から作るから葛根湯というのですが、この葛の根の繁殖力は大変強く、どんなところにも根を伸ばして、至る所に繁茂するのです。竹の根が地面に張り巡らすのに似ています。そのように、渇愛の根は、私たちの心に張りめぐっているのです。根から切りとれと言っても大変ことなのです。ですから、この詩では「智慧によって切り取れ」と述べているのです。

「智慧によって」とは、具体的には「観察によって」です。観察から智慧が生まれ、観察によって智慧が開発されるからです。渇愛は感覚から生まれます。感覚に快が現れると、渇愛が現れるのです。ですから、感覚に快が現れたら、それに流されることなく、そこから離れることが必要なのです。実際には絶えず変化している感覚を、変化に即して観察できれば、感覚の快に執着することはないのです。(2009.8.25.朝、追記)

 しかし、人々は渇愛の根を切り取るのではなく、愛欲に流されるのです。正しく愛を育てるのではなく、愛欲におぼれ、不倫までするのです。快楽への愛着は強く、一部の人でしょうが、麻薬や覚醒剤におぼれ、人生を破壊し、周りの人々に大きな迷惑を与えているのです。「快に依存し、楽を求める」態度は一部の人々だけでなく、私たちにあるのです。そのことは、苦悩から脱出ではなく、再度生まれ変わり、再度苦悩の生を歩むということなのです。


○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200810/article_17.html
 渇愛は三十六の流れなり欲に基ずく見解運ぶ(339)


○この詩のパーリ語原文

339.
ヤッサ チャッティンサティ ソーター
Yassa  chattiṃsati       sotā,
彼に  36の         流れは   
マナーパサワナー ブサー
manāpasavanā    bhusā;
快に向かう流れ  激しい
ワーハー ワハンティ ドゥッディッティン 
Vāhā    vahanti    duddiṭṭhiṃ,
流れは  運ぶ     邪見者を
サンカッパー ラーガニッスィター
saṅkappā    rāganissitā.
思考は    貪欲に基づく
340.
サワンティ サッバディ   ソーター
Savanti    sabbadhi    sotā,
流れる   すべての所に 流れは
ラター ウッパッジャ ティッタティ
latā   uppajja     tiṭṭhati;
葛は 芽生えて   繁茂する
タンチャ ディスワー ラタン ジャータン
Tañca   disvā     lataṃ  jātaṃ,
その 又 見て    葛の  発生を
ムーラン パンニャーヤ チンダタ
mūlaṃ   paññāya     chindatha.
根を  智慧によって   切断せよ
341.
サリターニ スィネーヒターニ チャ
Saritāni    sinehitāni      ca,
流れが     愛情(の)    又
ソーマナッサーニ バワンティ ジャントゥノー
somanassāni     bhavanti   jantuno;
喜悦が       存在する  人間には        
テー   サータスィター スケースィノー
Te     sātasitā      sukhesino,
彼らは  快に依存し  楽を求める者
テー  ヴェー ジャーティジャルーパガー ナラー
te     ve    jātijarūpagā           narā.
彼らは 実に  生老(輪廻)に近づく     人


○渇愛は三十六の流れなりその貪欲は彼を押し流す(339)
○渇愛はどんなとこでも芽を出して繁茂するから根から切り取れ(340)
○人々は愛に流され依存する快を求めて再度生まれる(341)


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~


 
◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。    

" 渇愛は三十六の流れなりその貪欲は彼を押し流す(339)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント