法悦と法楽を知り法を思惟し法を随観する比丘は善し(364)

ダンマパダ 364

法を喜び、法を楽しみ
法を思惟し
法を随観する比丘は
正法から逸脱しない


○この詩の蛇足

 法とは、パーリ語のDhammaの訳で、法の他に、状態、性質、道、権利、物事、教法、正理などの訳語があります。この詩ではどんな意味に考えたらいいのでしょうか。私は、この詩を読んだ時の心の状態に応じて意味を理解すれば、よいのかなと思っています。

 仏陀の教えに、深く共感したときは、法は仏陀の教えと受け取ればいいのです。また、あるとき、無常に感じ入ったとき、法は無常です。無常を喜び、無常を楽しみ、無常を思惟し、無常を随観しするのです。法は苦でありこともあり、法は無我であることもあるのです。

 法を喜び、法を楽しみ、法を思惟し、法を随観するときは瞑想の時なのです。これは、日常生活の中にもあります。その時、その人は瞑想をしているのです。日常生活の中の瞑想です。この瞑想は、決して日常生活を妨げません。むしろ、日々の生活を成功させるのです。

 逆に、いわゆる瞑想中に、法を喜び、法を楽しみ、法を思惟し、法を随観できない時は、その人は瞑想していません。妄想をしているか、眠っているのです。


○前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200811/article_2.html
 法悦と法楽を知り法を思惟し法を随観する比丘は善し

○この詩のパーリ語原文

364.
ダンマーラーモー ダンマラトー
Dhammārāmo    dhammarato,
法を喜び      法を楽しみ
ダンマン  アヌヴィチンタヤン
dhammaṃ  anuvicintayaṃ;
法を     思惟しつつ
ダンマン   アヌッサラン ビック
Dhammaṃ  anussaraṃ   bhikkhu,
法を     随念する   比丘は
サッダンマー ナ  パリハーヤティ
saddhammā   na  parihāyati.
正法から   ない 衰退する

○法悦と法楽を知り法を思惟し法を随観する比丘は善し(364)


~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~

10月10日(土)2009年第5回初期仏教一日体験会のご案内

スマナサーラ長老の講演と冥想指導が一日で受けられる!
※10月中の東京での冥想指導はこの日だけです。
2009年第5回初期仏教一日体験会
「幸福」の道は「友情」で完成する
~お釈迦さまが称賛する「善き仲間」とは~
講師 アルボムッレ・スマナサーラ長老
日程 2009年10月10日(土)
会場 銀座ブロッサム(銀座中央会館)
参加費 1,000円(当日支払い)要予約,先着900名
予約申し込みはお早めに!
http://www.j-theravada.net/

 
◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

"法悦と法楽を知り法を思惟し法を随観する比丘は善し(364)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント