釈尊の教えを教えてくれた人彼に毎日礼拝すべし(392)

ダンマパダ 第26章 バラモン 392

正しく悟った人の教えを
知らせてくれた人を
バラモンが祭火にするように
恭しく礼拝すべきです


〇この詩の蛇足

 今回の蛇足はあっきんさんの今日のコメントについて考えることにしました。あっきんさんのコメントが蛇足というわけではありません。考えるヒントを与えてくれました。その内容は以下の通りです。

 「私的意見として、分からないから悩みがわいてくるのだと思います。先日、新さんがこのプログの書き込みが昼位だった時、。(何かあったのかしら?)家のパソコンの調子が悪いのかと思いました。そして最近このプログを見て栄養になった事は、静寂とか何が起きても驚かず冷静にすると、どうすればよいか解決策が出てくると言う点です。それ以前に自分で気が付かないと始らないですね。また生存欲があると衣食住等とかの心配するけど、なければ悩まないのでないかと感じたのですが、ワンギーサ様のコメントお願いします。」

 「分からないから悩みがわいてくるのだ」は私も正解だと思います。分かれば悩みがない。以前、スマナサーラ長老が「人はなぜ考えるのか?」という質問を出されました。その答えは「分からないからだ。」というものでした。つまり、人間は分からないと、考えて、悩むのです。分かれば、考えないし、悩まないのです。

 人間が考えると、悩むのは、正しく考えられないからです。正しくない思考は妄想と言います。妄想で悩みは増大します。正しい考え方は、八正道の正思惟です。正しく考えられないのならば、考えなければよいのですが、分からなければ考えてしまいます。そこで、考えないために、観察をするのです。物事を正しく観察することです。正しく観察すると、智慧が現れます。正しい観察は、正念です。分からないことがあると悩みが生まれますが、その解決方法は、正思惟、正念です。

 このように、人間(生命)にとって必要な智慧と知識、そのたあらゆることを教えてくれる仏教を学ぶ切っ掛けを作ってくれた人は、言葉で表せなほどありがたく、感謝しきれません。今回の詩のように、「恭しく礼拝すべきです」

 この詩のできた因縁物語は前回の「この詩から学ぶこと」に書きました。興味深いものですから是非お読み下さい。また、あっきんさんのコメントの後半の「生存欲の問題」については明日の「蛇足」で述べたいと思います。

〇前回の「この詩から学ぶこと」

http://76263383.at.webry.info/200811/article_28.html
 釈尊の教えを教えてくれた人彼に毎日礼拝すべし

〇パーリ語原文

392.
ヤンハー  ダンマン  ウィジャーネッヤ
Yamhā    dhammaṃ  vijāneyya,
その人から 法が    知らされたならば  
サンマーサンブッダデースィタン
sammāsambuddhadesitaṃ;
正覚者に説かれた
サッカッチャン タン ナマッセッヤ
Sakkaccaṃ    taṃ  namasseyya,
恭しく      彼を  礼拝すべき
アッギフッタンワ ブラーフマノー
aggihuttaṃva    brāhmaṇo.
火を祭る ように  バラモンが

〇釈尊の教えを教えてくれた人彼に毎日礼拝すべし(392)


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~


10月10日(土)2009年第5回初期仏教一日体験会のご案内

スマナサーラ長老の講演と冥想指導が一日で受けられる!
※10月中の東京での冥想指導はこの日だけです。
2009年第5回初期仏教一日体験会
「幸福」の道は「友情」で完成する
~お釈迦さまが称賛する「善き仲間」とは~
講師 アルボムッレ・スマナサーラ長老
日程 2009年10月10日(土)
会場 銀座ブロッサム(銀座中央会館)
参加費 1,000円(当日支払い)要予約,先着900名
予約申し込みはお早めに!
http://www.j-theravada.net/

 
◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

" 釈尊の教えを教えてくれた人彼に毎日礼拝すべし(392)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント