36.心は極めて見にくく極めて微妙だ

ダンマパダ 第3章 心 36

極めて見難く、極めて微妙で
好きな所に行く心を
智慧ある者は守るべきだ
守られた心は幸福をもたらす



〇超訳の試み

心は見にくく、繊細で
しかもわがままだ
しかし、守られた心は
人間を幸福にする


〇子供ためのダンマパダ

心は望遠鏡で見えるかな
顕微鏡でみえるかな
見えないけれど
良い心は君を幸福にする


 


〇一口メモ

 前回の「この詩から学ぶこと」を再読したら、私は次のような問題を皆様に出していました。
「心は色や形がなく、声を出さなく、匂いや、味もなく、触れることもできないのです。ですから、眼、耳、鼻、舌、身の感覚器官では感じることができないのです。では私たちはなぜ心の存在を知っているのでしょうか?」

 皆さんは、まじめにこの答えをコメントにくださいました。毎日コメントをしてくださる方は覚えておられると思いますが、初めての方はこのような問題を考えてみるのも頭の体操になると思います。
この問題の答えは、問題を出した日の翌日のブログ記事に書きました。また、皆さんの答えはコメントに書いてありますので、是非お読みになって、自分の答えと比較検討してください。改めて、ご意見のある方は今日のコメント欄にお書き下さい。

 さて、前回も書きましたが、「心を守るとは何か?」について少し書きます。心は心の内外の情報を知り、その情報に対していろいろな反応をします。その時、好きなもの、欲しいものに対しては欲望が現れます。この欲望は限界というものを知りませんから、どんどん大きくなって苦しみ、不幸をもたらすのです。ですから、好きな情報が心に入ってくる段階でその情報を制限して、心を守る必要があるのです。

 また、心に嫌いな、嫌な情報が入ると、それに反応して、心に怒りが現れます。怒りは相手に敵対して、平和な関係を破ります。また、怒りは自分の身体を壊す自己破壊のエネルギーなのです。怒りは人間に不幸をもたらすのです。ですから、嫌いな情報が心に入ってくる時点で、心を守るのです。

 また、好きでも嫌いでのもない情報には、心は無関心な態度を示します。しかし、好きでも嫌いでもない情報でも必要な情報はあるのです。必要な情報を無視すると人格の向上、心の成長ができないのです。必要な情報は取り入れかければなりません。

 このように、心を守ることは、幸福になるために必要なことなのです。そして、心を守るためには、常に気づいている必要なのです。第2章で学んだ不放逸ということが必要なのです。


〇前回の「この詩から学ぶこと」
智慧の人見難く微妙なこの心守り育てて幸福になる
http://76263383.at.webry.info/200901/article_22.html


〇パーリ語原文

36.
スドゥッダサン スニプナン
Sududdasaṃ   sunipuṇaṃ,
極めて見難い 極めて微妙な
ヤッタカーマニパーティナン
yatthakāmanipātinaṃ;
好きな所に行く
チッタン ラッケータ  メーダーウィ
Cittaṃ   rakkhetha   medhāvī,
心を    守るべきだ 智慧者は
チタン グッタン  スカーワハン
cittaṃ  guttaṃ   sukhāvahaṃ.
心は  守られた 幸福をもたらす

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp33-43.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

" 36.心は極めて見にくく極めて微妙だ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント