64.65.愚かな者は真理を教えてもらっても理解できない

ダンマパダ 第5章 愚か者 64、65

愚者はたとえ生涯を
賢い者に仕えても
法を了知することがない
匙(さじ)がスープの味を知らぬように

知者はたとえ一瞬でも
賢い者に仕えても
ただちに法を了知する
舌がスープの味を知るように


(片山一良先生 訳)

〇超訳の試み

無知の自覚のない人は
真理を教えてもらっても
教えられたことが頭に入らない
満たされたコップに水を注ぐように

無知の自覚のある人は
真理を教えてもらえば
教えられたことが頭に入る
空のコップに水を注ぐように


〇子供のためのダンマパダ

不注意な子は
先生の話が分からない
聞いてないのだから
しょうがないね

注意深い子は
先生の話がよく分かる
よく聞いているのだから
とうぜんですね





〇一口メモ

 真理を知らない凡夫が本当に愚か者かどうかは、前の63番の詩で述べたように、無知の自覚があるかどうかであります。無知の自覚のない人は知る能力が麻痺しているのです。ですから、賢者、悟った人に真理を教えてもらっても、受け取れない、理解できないのです。その状態はまさに、この詩の例のように、匙はスープの味は分からないのです。また、超訳の例で言えば、汚れた水で満たされたコップのように、きれいな水を注いでも溢れるだけなのです。無知の自覚のない愚か者の頭の中は、間違った固定概念や妄想でいっぱいで、ありのままの正しい情報は頭のなかに入らないのです。一方、無知の自覚のある凡夫は、舌がスープの味が分かるように、真理が分かります。余計な固定概念を捨て、妄想をなくした頭には、真理はすぐに入って行くのです。

 「子供のためのダンマパダ」では、注意力に着目しました。子供は大人と違って、自分は知らないことが多いことを大人より自覚しています。ですから、子供は何でも知りたがります。子供の頭は固定概念や妄想は少ないのです。しかし、子供の場合は何でも知りたがりますから、注意が分散してしまいます。ですから理解できなくなります。学校の例は、子供はよそ見をして、先生の話を聞いていないのです。先生は子供の注意を集中させるような面白い話をする必要があるのですが、子供は先生の話をよく聞くようにしなければいけません。

 この詩における、匙と舌の例は、八正道の正念のある人と正念のない人の違いですが、その前提に、無知の自覚があるかどうかが重要だと考えた次第です。
 

〇前回の「この詩から学ぶこと」

覚者から何も学べぬ愚か者スープの味が分からぬ匙だ
http://76263383.at.webry.info/200902/article_13.html


〇パーリ(語)原文

64.
ヤーワジーワンピ チェー バーロー
Yāvajīvampi     ce     bālo,
生命ある限り    もし   愚者は
パンディタン パイルパーサティ
paṇḍitaṃ    payirupāsati;
賢者に     奉事する
ナ   ソー ダンマン  ウィジャーナーティ
Na   so   dhammaṃ   vijānāti,
ない 彼は  法を      知ら
ダッビー スーパラサン ヤター
dabbī    sūparasaṃ   yathā.
匙    スープの味を  如く

65.
ムフッタマピ  チェー ウィンニュー
Muhuttamapi   ce    viññū,
一瞬でも     もし  知者が
パンディタン パイルパーサティ
paṇḍitaṃ    payirupāsati;
賢者に     奉事する
キッパン  ダンマン  ウィジャーナーティ
Khippaṃ  dhammaṃ   vijānāti,
すぐに   法を      知る
ジウハー スーパラサン ヤター
jivhā     sūparasaṃ   yathā.
舌は    スープの味   如く

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp64-75.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

"64.65.愚かな者は真理を教えてもらっても理解できない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント