67.68.結果をみれば善いか悪いかよく分かる

ダンマパダ 第5章 愚か者 67、68


行為をなした後で苦しみ
顔に涙し、嘆きつつ
その果報を受けるなら
なされた行為は不善なり

行為をなして苦しまず
心で喜び、満ち足りて
その果報を受けるなら
なされた行為は善事なり

(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

結果をみれば
善いか悪いかよく分かる
後悔し、不幸なことになるのなら
それは悪い行為です

結果をみれば
善いか悪いかよく分かる
満足し、幸せなことになるのなら
それは善い行為です


○子供のためのダンマパダ

友だちには嫌がられ
先生にもおこられました
あなたはどんなことをしたのですか?
悪いことをしたのです

友だちから喜ばれ
先生にもほめられました
あなたはどんなことをしたのですか?
良いことをしたのです





○一口メモ

 何が善いことか、悪いことか、よく理解することは正しく生きるために必要なことです。しかし、実際にはなかなか判断が難しい場合があります。今回の詩は、何が善い行為で何が悪い行為かを教えたものです。

 ただ、この詩を表面的に読めば、善悪の判断は行為の結果を見なければ分からないとも取れますが、そうではないのです。この詩は、善悪の基準が述べられているのです。悪い行為とは私たちが不幸せになる行為であるということです。そして善い行為とは私が幸せになる行為を言うのです。釈尊の説法はすべて、すべての生命が幸せになる道、最高の幸せに至る道を説いておられるのです。

 ですから、行為の結果を見なければ分からないというのではなく、不幸になるか、幸福になるかで判断しなさいということです。その際重要なことは、①自分も②相手も③他の皆も幸せになれるか判断することです。「前回のこの詩から学ぶこと」では、具体的に十悪、十善についてのべましたが、今回は一つだけ、「慈しみのある行為かどうか」を判断基準にすることを提案したいと思います。慈しみのある行為ならば善い行為なのです。慈しみのない行為は悪い行為と考えて、慈しみの行為を実践するのです。

 「子供のためのダンマパダ」に書きました「友だちに嫌がれる」行為は、慈しみがないからやめるべきです。「友だちに喜ばれる」行為には慈しみがあると思われます。実際には、自分の意図と異なる結果になる場合がありますが、自分が行為する時、慈しみがあるかどうか判断しながら、実践します。そうすれば、その過程で賢くなるでしょう。それは幸せへの道なのです。


○前回の「この詩から学ぶこと」

泣き面で為された行為に後悔し悪果を受ける悪行為なり
http://76263383.at.webry.info/200902/article_15.html


○パーリ(語)原文

67.
ナ   タン カンマン カタン   サードゥ
Na   taṃ  kammaṃ  kataṃ   sādhu,
ない その 行為は   為された 善く
ヤン カトゥワー アヌタッパティ
yaṃ  katvā    anutappati;
その 為して   後悔する
ヤッサ アッスムコー ローダン
Yassa  assumukho  rodaṃ,
その  涙顔で    泣く人が
ウィパーカン パティセーワティ
vipākaṃ    paṭisevati.
報いを     受ける

68.
タンチャ   カンマン  カタン  サードゥ
Tañca     kammaṃ  kataṃ   sādhu,
その しかし 行為が  為された 善い
ヤン  カトゥワー ナーヌタッパティ
yaṃ   katvā    nānutappati;
その  為して   後悔しない
ヤッサ パティートー スマノー
Yassa   patīto     sumano,
その   満足して   善い意の人が
ウィパーカン パティセーワティ
vipākaṃ     paṭisevati.
果報を      受ける


〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp64-75.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

"67.68.結果をみれば善いか悪いかよく分かる" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント