76.過ちを指摘してくれる賢者に親しみなさい

ダンマパダ 第6 賢者の章 76

阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


宝の在処の告知者のように
過誤をよく見て告諭する
智慧ある者に出会うなら
かかる賢者に親しむがよい
かかる賢者に親しむならば
繁栄のみあり、衰退はない


(片山一良先生 訳)


〇超訳の試み

宝のありかを教えてくれる人のように
過ちを指摘してくれる
智慧ある人に会ったならば
そのような人に親しみなさい
そのような人に親しむならば
善いことはあるが、悪いことはない


〇子供のためのダンマパダ

あなたをしかってくれる人は誰ですか?
お父さんやお母さんや先生です。
しかってくれる人がいなければ
あなたは成長しません
そのような人にすなおに従うならば
善いことがありますが、悪いことはありません





〇一口メモ

 今回の詩から、「第6 賢者の章」になります。愚か者といわれる私たちにとって賢者とはどのような人々でしょうか。

 この詩では、過誤(過ち、欠点、問題点)を宝のようだと述べています。なぜでしょうか。物事を改善するためには、物事の問題点を明らかにすることが必要だからです。問題点が解決のキーになるから宝のようだと述べているのです。人間の性格や人格も問題点が明らかになれば、解決の方向に向かいます。ところが、この問題点がなかなか明らかにならないのです。特に、自分の問題点は自分では発見するのが難しいものです。なぜならば、人間は自分の行動は正しいと思って行動しているからです。間違っていると思えば、普通そのように行動しません。また、その行動が間違っていると指摘されると非常に嫌な気分になるのです。

 しかし、向上心のある人、心を育てようと思う人は、たとえ嫌な気分になろうとも、自分の問題点を指摘してくれる人の言葉は素直に聞いて、その言葉を参考に自分の行動を吟味する必要があるのです。人の悪口を言う人はたくさんいますが、過誤(過ち、問題点)を親切に教えてくれる人は少ないのです。親や兄弟や先生あるいは親友ですが、過誤を指摘するのは、普通相手は嫌がるので、勇気のいることなのです。最近ではそのような人は少なくなっていると言います。親も先生も子供をしからなくなっているようです。

 このような時勢ですから、せめて非難や悪口を聞いて、自分の問題点を知る努力をしなければ自分の問題点が分からないかもしれません。非難や悪口も大切にしなければいけません。


〇前回の「この詩から学ぶこと」

誤りを教えてくれる人は宝物 近づくならば善いことばかり
http://76263383.at.webry.info/200902/article_22.html


〇パーリ(語)原文

76.
ニディーナンワ パワッターラン
Nidhīnaṃva    pavattāraṃ,
宝を  ように   説者
ヤン   パッセー ワッジャダッスィナン
yaṃ    passe    vajjadassinaṃ;
その人 会うならば 罪を見る人
ニッガイハワーディン メーダーウィン
Niggayhavādiṃ     medhāviṃ,
叱責する 説者    智慧者
ターディサン パンディタン バジェー
tādisaṃ     paṇḍitaṃ    bhaje;
そのような   賢者に    親近するように
ターディサン バジャマーナッサ
Tādisaṃ     bhajamānassa,
そのように   親近する者にとって
セッヨー ホーティ ナ パーピヨー
seyyo       hoti   na   pāpiyo.
より善いこと   あり  ない より悪いこと

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp76-86.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。


◎お知らせ:私ワンギーサは、今年12月28日から12月31日まで、熱海仏法学舎における宿泊瞑想会に参加することになりましたので、その間、ブログ「困った時はダンマパダ」はお休み致します。来年1月1日より再開する予定です。

 
     2010年1月10日(日) 新春初期仏教講演会のお知らせ
お釈迦様が説く、幸福の「縁起」論─無知の「無限軌道」の切断ポイント

講師 アルボムッレ・スマナサーラ長老

日時 2010年1月10日(日) 18:40 受付開始 19:00 開演 21:00 終演

NHKラジオ深夜便「こころの時代 怒らない生き方」出演で話題のアルボムッレ・スマナサーラ長老。2010年初となる講演会のテーマはズバリ「縁起」。 仏教のエッセンスとされながらも、イマイチ難しそうな「縁起の教え」を私たちの日々の生活にいかして、幸福に生きる秘訣を探してみましょう。

■会場 文京シビック小ホール(文京シビック2F 定員371名)
■最寄駅 東京メトロ後楽園駅 4bまたは5番出口 徒歩3分/都営地下鉄春日駅(連絡通路)徒歩3分
■参加費 無料(ご喜捨)※予約は必要ありません
■主催・問合せ 日本テーラワーダ仏教協会
Tel: 03-5738-5526 Mail: info@j-theravada.net

" 76.過ちを指摘してくれる賢者に親しみなさい" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント