84. 法に反して、自分の成功を望まない

ダンマパダ 第6 賢者の章 84


阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


〇スマナサーラ長老の説法に基づくワンギーサ訳

自分のためにも、他人のためにも、
子供も、財産も、権力も
法に反して、自分の成功を望まない
彼は戒と智慧と真理を備える者となるだろう



〇片山一良先生訳

自分のためにも、他人のためにも
子も、財も、国も望まず
不法に自己の繁栄を望まない
かれこそ戒・慧・法の者なり


〇子供のためのダンマパダ

将来、君はお金持ちになることや
子供がたくさんの家族の望むならば
大切なことは道徳を守って行うこと
君は智慧のある立派な人格者になれますよ





〇一口メモ

 今回はあえて片山先生の訳でなく、私の訳を先行させていただきます。

 片山先生の訳では、二行目の終わりが「望まず」になっていますので、次の「不法に」に続くようのも理解できますが、二行目に句読点を打つと重大な誤解を招きます。仏教の大権威で、大学者の中村元先生の訳を引き、その誤解される点を指摘するのは恐れ多いことではありますが、世間に仏教が誤解されないために、お許し頂きたいと思います。

 中村元博士訳 ダンマパダ84番

自分のためにも、他人のためにも子を望んではならぬ。
財をも国をも望んではならぬ。
邪なしかたによって自己の繁栄を願ってはならぬ。
(道にかなった)行ないあり、明らかな智慧あり、真理にしたがっておれ。

 この訳の一行目、二行目だけを読むと、仏教は子も財も国も望んでならぬということであり、反社会的な主張になり、智慧のある人々にも受け入られないものになってしまいます。この詩の眼目は、「法に反して」であり、中村博士の訳では「邪なしかたによって」ということにあります。先日、私はある婦人から「避妊をした方が良いのか」と質問を受けました。あまりに今回の詩の掲載とあまりにタイミングが合いすぎていますが、事実です。このような誤解はこの詩の訳に原因があるのかと思います。

 以下2008年9月28日の記事を再掲載いたします。

 「今回は本来ならばダンマパダ311番の詩について書く筈でありましたが、昨日9月27日ゴータミー精舎において、スマナサーラ長老のダンマパダ84番につ いての説法がありました。その解説は釈尊が意図した通りの内容だと思いました。しかし、現在私が知る限りのその日本訳では、その意図は伝わりません。そこ で、その正しい訳をなるべく早く知ることのできる人には伝えたいと思い、番外編として、本日はダンマパダ84番の詩を掲載することにしました。

 さて、上の詩で『他人のためにも』の他人は家族のことを意味します。子供を望むことは家族の繁栄を望むことであり、財産を望むことは家族が豊かに生活 するために必要なことであり、当然のことであります。また、『権力』はパーリ語の直訳では『国』という意味ですが、内容的に意訳したものです。権力は立派 な仕事や大きな仕事をする場合必要になるのです。ですから、子供、財産、権力を望むことは自然なことであり否定されるべきことではないのです。釈尊はこの 詩でも否定されていません。

 しかし、この詩の多くの日本訳は『子供を望んではならぬ。財も国も望んではならぬ。』としています。これだけ取り上げると釈尊は反社会的なことを言って いるように取られます。釈尊は自然の欲求を否定せずに、『法に反して、自分の成功を望まない』と仰っていられるのです。ですから、法に反しなければ、自分 の成功を望んでもいいのです。むしろ、自分の能力を発揮し、智慧を出し、自分の成功を実現することを進めておられるのです。

 釈尊は私たちに特別なことを勧めているわけではないのです。あたり前の日常生活において、法に反して、行動しないことを重要視しているのです。法すなわ ち法則から外れる行為をしないこと、これは、昨日スマナサーラ長老は八正道の実践だと仰っていました。ですから、『法に反して、自分の成功を望まない』は 『八正道を実践しながら、自分の成功のための仕事をすること』です。

 このためには、自分の行動に常に注意を向け、自分を管理して、自分の人格を向上させなけれならないでしょう。実生活では難しい問題にも遭遇するでしょう から、智慧も働かせなけれならないでしょう。結果として、これを実践した人は『戒と智慧と真理を備える者』となるでしょう。つまりこれは悟った人になると いうことです。

 釈尊は完全に、この詩一つで、凡夫が阿羅漢になるまでの道を示しました。
 スマナサーラ長老は私たち日本人に仏陀の意図を正しく伝えてくれました。

 サードゥ、サードゥ、サードゥ。(ありがたい、ありがたい、ありがたい。)」以上です。


〇この詩に関する以前の記事

2008年9月28日
子供、財産、権力などを 法に反して望まない
http://76263383.at.webry.info/200809/article_28.html

2009年3月2日
仏教徒法に反して望まない子供と財産権力などを
http://76263383.at.webry.info/200903/article_2.html


〇パーリ(語)原文

84.
ナ アッタヘートゥ ナ  パラッサ  ヘートゥ
Na  attahetu     na   parassa   hetu,
なく 自分のため  なく  他人の  ため
ナ  プッタミッチェー ナ ダナン  ナ  ラッタン
na   puttamicche    na  dhanaṃ  na  raṭṭhaṃ;
ない 子供を欲し   ない 財産を ない 国を
ナ  イッチェッヤ アダッメーナ サミッディマッタノー  
Na   iccheyya   adhammena   samiddhimattano,
ない  欲し    法に反して   成功を  自分の
サ  シーラワー パンニャワー ダンミコー  スィヤー
sa   sīlavā     paññavā     dhammiko  siyā.
彼は 戒を守る  智慧のある  法に従う者 あるだろう

〇今回の詩のパーリ語について、日本テーラワーダ仏教協会のホームページに「ダンマパダ輪読会 文法事項のまとめ( 記録文責;柴田尚武 先生 )」がありますので是非御参照下さい。
http://www.j-theravada.net/sakhi/Dhp76-86.pdf


~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものに悟りの光が現れますように~



◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。


    ★2010年1月10日(日) 新春初期仏教講演会のお知らせ★

お釈迦様が説く、幸福の「縁起」論─無知の「無限軌道」の切断ポイント

講師 アルボムッレ・スマナサーラ長老

日時 2010年1月10日(日) 18:40 受付開始 19:00 開演 21:00 終演

NHKラジオ深夜便「こころの時代 怒らない生き方」出演で話題のアルボムッレ・スマナサーラ長老。2010年初となる講演会のテーマはズバリ「縁起」。 仏教のエッセンスとされながらも、イマイチ難しそうな「縁起の教え」を私たちの日々の生活にいかして、幸福に生きる秘訣を探してみましょう。

■会場 文京シビック小ホール(文京シビック2F 定員371名)
■最寄駅 東京メトロ後楽園駅 4bまたは5番出口 徒歩3分/都営地下鉄春日駅(連絡通路)徒歩3分
■参加費 無料(ご喜捨)※予約は必要ありません
■主催・問合せ 日本テーラワーダ仏教協会
Tel: 03-5738-5526 Mail: info@j-theravada.net

" 84. 法に反して、自分の成功を望まない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント