165.他が他を浄めることはない

ダンマパダ 第12 自己の章 165

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


自ら悪を行えば
自ら汚れることになる
自ら悪を行わなければ
自ら清まることのなる
浄と不浄は別々にして
他が他を浄めることはない


(片山一良先生 訳)


○超訳の試み

自分で為された悪行で
自分が不浄になる
自分が悪行を為さないならば
自分が清浄になる
清浄、不浄は自分の責任
他人が他人を浄化できない


○子供のためのダンマパダ

欲張ると心が汚れます
いじわるすると心が汚れます
怠けると心が汚れます
心の汚れはお母さんでも洗えない
自分自身で洗わなければ
心の汚い人になりますよ





○一口メモ

 今日は、つい最近発行されたスマナサーラ長老と脳科学者の有田秀穂教授の対談書「仏教と脳科学」(サンガ)を読みました。

 大変面白く、ためになる本です。是非皆さんもお読みになると良いと思います。内容は有田教授は脳科学の研究者ですから、心の状態を、ドーパミン神経、ノルアドレナリン神経、をそれぞれ仏教の貪、瞋を支配する神経として対応させています。しかし、セロトニン神経は、瞑想などで活性化する神経であることから痴とは対応させず、不痴と対応させたい様子なのです。しかし、スマナサーラ長老に、痴と不痴の関係、不痴は智慧のことであり普通の人間にはない能力である話などその辺に関する議論などは大変興味のある所でした。

 また、脳科学とは直接関係ない話題もあります。その一つに、授業をさぼる学生とスマナサーラ長老のつぎのような会話があります。以下引用(160ページ)。

 「あなたが学校に行かず、授業をさぼると困るのはだれですか?」
 「一番困るのは親だと思います。」
 「いいえ、違います。親は、授業をさぼているあなたを心配するかもしれませんが困りません。親は喜んで授業料を払っているのです。それは親としての楽しみなのです。」
 「それでは、私ですかね」
 「あなたは自分の意志で授業さぼり、勉強せずにいて、困ったり悩んだりすることになっても、それは自分で喜んでやた行為の結果だから、親にも私たちにも関係ありません。あなたが困ったとしても、それは決して問題ではありません。それは自分で想定した結果でしょう。さあ、答えをだしてください。勉強しなから困るのは誰ですか?」
 その人はなかなか答えられずに黙っていました。そこで私は、「正解を言います。・・・・・

 以上引用終わり。正解は皆さんも考えて下さい。

 「仏教と脳科学」の話が長くなってしまいましたが、今回の詩と関係ないことではないでしょう。この詩の解説については、スマナサーラ長老の説法や、前回の「この詩から学ぶこと」を参照してください。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「無駄な責任転嫁」 ~すべては自分の責任であった~
http://www.j-theravada.net/howa/howa80.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

悪行は自己の責任 悪行をしないのならば自己は清らか
http://76263383.at.webry.info/200904/article_28.html


○パーリ語原文

165.
アッタナーワ カタン パーパン
Attanāva    kataṃ  pāpaṃ,
自ら まさに 為した  悪が
アッタナー サンキリッサティ
attanā     saṃkilissati;
自ら      汚す
アッタナー アカタン パーパン
Attanā     akataṃ  pāpaṃ,
自ら     為さない 悪は
アッタナーワ ウィスッジャティ
attanāva     visujjhati;
自ら まさに  清まる
スッディー アスッディ パッチャッタン
Suddhī    asuddhi   paccattaṃ,
浄化    非浄化は  各自の(こと)  
ナンニョー アンニャン ウィソーダイェー
nāñño     aññaṃ    visodhaye.
ない 他が  他を    清め得

○詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

" 165.他が他を浄めることはない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント