166.他者のために大事でも自己の目的を失うなかれ

ダンマパダ 第12 自己の章 166

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo  tassa   bhagavato  arahato   sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

他者のために大事でも
自己の目的を失うなかれ
自己の目的をよく知って
自身の目的に専念すべし


(片山一良先生 訳)

○超訳の試み

他人の目的が重大であっても
自分の目的を捨ててはならない
自分の目的を熟知して
自分の目的に専心すべき


○子供のためのダンマパダ

お父さんやお母さんに頼まれても
自分の目的を捨ててはいけない
自分の目的が皆のためになると知ったなら
自分の目的に向かって邁進(まいしん)しよう





○一口メモ

 今日はやはり昨日、引用したスマナサーラの言葉の続きを引用します。多くの方のコメントを頂きましてありがとうございます。

 「仏教と脳科学」(サンガ)161ページの10行目から引用。

 その人はなかなか答えられずに黙っていました。それで私は、「正解を言います。あなたが勉強しないことで、社会の皆が困るのです。いいえ、社会の皆どころではありません。あなたが勉強しないことは、世界の皆に対して、大変な迷惑なのです。あなたは人類に迷惑をかける生き方を平気でしているということです」と言ったのです。
 その人は言っていることの意味がわからないと言ったので、さらに説明しました。
 「一人の人間が何かを学んで、一人前になって自分が仕事をして生活するというかたちで人類に貢献しているのです。たとえガソリンスタンドでバイトするということであっても、人々は助かっているのです。役に立つ仕事ができない大人になることは、社会に迷惑です。そのような人々を、社会は慈善事業のように助けてあげなくてはなりません。そのためにほかの人々は経済活動をして余分に金をつくらなければいけないのです。それが社会に対する迷惑でしょう。
 ですから、授業を受けて、難しい勉強を徹夜しながらやることは、自分だけのためだと思ってしまうのは、勘違いです。自分のためだけだと思っているから、嫌になったらやめたくなるのです。人が真面目に勉強するということは、人類に迷惑をかけないということであり、社会に何らかの貢献をすることであり、皆のために生きることでもあるのです。それを理解するならば、難しい勉強もやる気がでます。いろいろ嫌なことがあっても、それに足を引っ張られないように気をつけることもできるのです」
 そのように説明してあげました。

 以上引用終わり。

 スマナサーラ長老のこの説明は、今回の詩の理解にも大変役にたつことです。

 さて、今回の詩は「自分の目的と他人が自分に望む目的は異なる場合どのようにするか」に対するお釈迦さまが示された指針です。「他人の目的が重大であっても自分の目的を捨ててはならない」というものです。しかし、ここで注意する必要があります。「自分の目的」の意味です。自分かってな目的ではないのです。お釈迦さまは、人生に意味はないと仰っておられますから、人生には目的はないのです。しかし、人間が元気よく、明るく生きるためには目的を持っていた方がいいのです。それで、お釈迦さまは、人類に意義のある目的を示されました。ここでは結論しか述べられませんが、それは涅槃を目指すことです。涅槃を目指すという目的は最高な目的です。自分の目的を涅槃を目指すものにしたのならば、他のどのような目的にも優先されます。

 ここで始めの問題「自分の目的と他人が自分に望む目的は異なる場合どのようにするか」を再度考えると、涅槃を目指すというという生き方は、他人が自分に望む目的を受け容れても、実現可能であることも考えておく必要があります。具体的には、例えば親の望みと対立しなくとも解決できる場合が多いということです。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する説法

「他人の為は『他人の為』か」 ~災難は『主義』が起こす~
http://www.j-theravada.net/howa/howa81.html


○前回の「この詩から学ぶこと」

人のため自分の目的捨てるなよ 目的よく知り専心すべき
http://76263383.at.webry.info/200904/article_29.html


○パーリ語原文

166.
アッタダッタン パラッテーナ
Attadatthaṃ   paratthena,
自己の目的を 他者の目的が
バフナーピ  ナ   ハーパイェー
bahunāpi    na    hāpaye;
多くあっても なかれ 失う
アッタダッタマビンニャーヤ
Attadattham abhiññāya,
自己の目的を証知して
サダッタパストー        スィヤー
sadatthapasuto          siyā.
自己の目的を追求する者で あれ



○詩のパーリ語原文の訳について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

◎お願い:今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』をクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。

"166.他者のために大事でも自己の目的を失うなかれ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント