306. 嘘をつく者は地獄に近づく

ダンマパダ 第22 地獄の章 306

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


○片山一良先生 訳

嘘をつく者は地獄に堕ちる
犯して「犯さず」という者も
両者はともに悪業の人
行ってあの世で同類となる



○日常語訳

嘘をつく者は地獄に近づく
悪を為して為さぬと言う者
両者は死後は同じで
来世は悪業の人になる


○子供のためのダンマパダ

うそをつくとどんな気持ち?
うそをつかれるとどんな気持ち?
どちらも、いい気持ちではないから
うそはやめましょう





○一口メモ

 この詩の一行目の訳は、片山先生は「嘘をつく者は地獄に堕ちる」としてあります。日常語訳は「 嘘をつく者は地獄に近づく」としてあります。この違いはパーリ語のupetiを、堕ちるとするか、近づくとするかの違いです。この詩の前々回のブログ記事では、ほとんどの人間は一度くらい嘘をついたことがあるのではないか、それであればほとんどの人間が地獄に堕ちることになります。それは少し、厳し過ぎると書いてあります。事実は厳しいとか厳しくないで決まるのでなく、法則で決まるのでしょうから、前々回のブログ記事のようにはいえないとは思います。しかし、嘘をつくことによって、善い結果になるとは思えません。

 また、この詩から「地獄の章」が始まります。ですから、地獄に関する詩について述べられることになります。そこで、地獄とはなにか? 地獄をどのように理解すべきか考えておかなければならないでしょう。その点について、この詩に関する前回のブログ記事で述べました。お釈迦さまが仰るからただ信じるなさいということはありません。お釈迦さまの言葉でも納得してから、受け容れるという態度が必要ですし、お釈迦さまも納得してから受け容れるように言われています。盲信は危険なのです。

 地獄をどのように理解するかについて、単に、「悪い結果あるいは不幸な結果」を地獄という言葉で表現しているのであれば、問題はなく受け容れることができると思います。ただそれも受け容れられないのであれば、自分は理解できないのだから、否定することもできないはずです。わからないのに否定することは正しい態度ではありません。その場合は、現在の自分を分からないから、保留の態度をとるということが自分を成長させる上で正しい態度だと思います。

 そういう訳で、これからしばらく地獄についての詩が出てきますが、地獄は「悪い結果あるいは不幸な結果」という意味だと理解するか、あるいは保留ということで了解してください。

 さらに、この詩の二行目「 悪を為して為さぬと言う者」は嘘をいう者と同じではないかと思いますが、少し違います。この場合は、先ず、「悪を為す」のですから、もう悪いことを行っているのです。ですから、そのために、悪い結果を受けることになります。そこでさらに、「為さぬ」と嘘と言うという悪事を働くことになります。二度悪いことをしたのです。罪はさらに重いといわなければなりません。
しかし、嘘をつく罪は重いので、「両者は死後は同じで、来世は悪業の人になる 」のだそうです。嘘をつくことはいけません。ですから、五戒の一つが「嘘をつかないこと」なのです。

 なぜ、嘘をついたらいけないのか、悪い結果になるからですが、嘘をつくことは、慈しみと反対の行為です。生命は慈しみの心を持つと、心は清らかで、穏やかになります。慈しみと反対の心を持つと、心は汚れ、気分が悪くなるのです。ですから嘘をつくべきではないのです。子供ともいっしょに考えて下さい。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法

*名声の落とし穴 ~ブッダは非難を名声に変える~

1.名声、名誉、権力には、危険が伴う
2.非難に非難で返すとさらに非難される
3.問題が起きたら黙って逃げてはならない
4.嘘をつかないならば問題が起きても解決できる

 パティパダー(2010年4月号)の「今月の巻頭法話」に掲載されています。残念ながら、まだ日本テーラワーダ仏教協会HPにはまだアップされてませ ん。ですから、該当するパティパダーをお持ちでない方のために、スマナサーラ長老がまとめたポイントを列挙しておきました。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*嘘つきと悪為しながら為さないと言う者ともに地獄に落ちる
http://76263383.at.webry.info/200908/article_2.html

* 嘘つく者悪隠す者共に地獄に向かう者
http://76263383.at.webry.info/200809/article_24.html
 

○パーリ語原文

アブータワーディー ニラヤン ウペーティ
Abhūtavādī       nirayaṃ  upeti,
非真実を言う者は   地獄に 近づく
ヨー    ワーピ  カトゥワー ナ  カローミ チャーハ
yo      vāpi    katvā    na   karomi  cāha ;
その人は あるいは為しても  ない 為す   と言う
ウボーピ テー ペッチャ サマー バワンティ
Ubhopi   te   pecca    samā   bhavanti,
両者は 彼らは 死後に  同じ   なる
ニヒーナカンマー マヌジャー パラッタ
nihīnakammā    manujā    parattha.
悪業の       人間     他世で


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


" 306. 嘘をつく者は地獄に近づく" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント