307.お坊さんなのに修行せず、虫などをころし、

ダンマパダ 第22章 地獄 307

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


○片山一良先生 訳

首に袈裟(けさ)かけ自制なき
悪しき法の者は多い
その悪者らは悪業により
地獄において生まれ変わる



○日常語訳

首に袈裟をまとって悪を行ない
自制心のない者たちが多い
彼ら悪人たちは悪業によって
地獄に生まれ変わる


○子供のためのダンマパダ

お坊さんなのに
修行せず、虫などをころし
善くないことをして、うそをつく
しかもお酒を飲むならば
彼らは地獄に行くだろう






○一口メモ

 仏教の出家者は、戒律(道徳)を守って修行するために、出家するのですが、中には生活のために(生きるために)出家する人がいました。条件が整えば出家できたからです。仏教の出家者ばかりでなく、その他の宗教の修行者も、生活のために出家した人は、修行(こころを清らかにすること)には興味がなく、道徳を守らない者も多くいたようです。

 在家の人々は、出家者が修行をすることを期待して、お布施をするのです。出家者はお布施のおかげで生きていられるのです。ところが、その期待を裏切り、しかも道徳も守らないというのであれば、在家の人々が道徳を守らないという以上に重い罪なのです。ですから、出家者や宗教家はその点にくれぐれも注意して、在家者以上に自分自身を戒める必要があるのです。

 この詩は直接的には、出家者に対して述べられているものではありますが、在家者も道徳を守らないということは、自分自身を不幸にすることなのです。決して善い結果にはなりませんので、道徳を守るということを実践して下さい。在家者が守るべき道徳は、五戒です。くれぐれもお忘れにならないように。逆に五戒を守りさえすれば、必ず善い結果が現れます。それは実践して、確かめそのことに確信を持って下さい。


○スマナサーラ長老のこの詩に関する御説法

*聖職者も安全ではない ~まことの聖職者はこころを清らかにする~

1.信仰の自由にも管理が必要です
2.宗教界は詐欺師のオアシスでもあります
3.信仰より人の行いが問われます
4.人類の宗教とは「こころを清らかにすることです

 パティパダー(2010年6月号)の「今月の巻頭法話」に掲載されています。残念ながら、まだ日本テーラワーダ仏教協会HPにはまだアップされてませ ん。ですから、該当するパティパダーをお持ちでない方のために、スマナサーラ長老がまとめたポイントを列挙しておきました。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*比丘なのに悪いことするわがままな彼らは業で地獄に再生
http://76263383.at.webry.info/200908/article_3.html

*袈裟をまとって悪行すればその悪業で地獄行き
http://76263383.at.webry.info/200809/article_25.html


○パーリ語原文

カーサーワカンター バハヴォー
Kāsāvakaṇṭhā      bahavo,
袈裟を首に       多い
パーパダンマー アサンニャター
pāpadhammā    asaññatā;
悪を行い      無制御の者
パーパー パーペーヒ カンメーヒ
Pāpā     pāpehi     kammehi,
悪人は   悪い     業で
ニラヤン テー ウパパッジャレー
nirayaṃ  te    upapajjare.
地獄に 彼らは 再生する


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


"307.お坊さんなのに修行せず、虫などをころし、" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント