308.熱い火炎のような鉄の玉を飲む方がましだ

ダンマパダ 第22 地獄の章 308

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


○片山一良先生 訳

火炎のように熱された
鉄の玉を飲む方がよい
戒を保たず、自制なく
国の施食を食べるよりは



○日常語訳

戒を守らず自制心のない比丘は
土地の信者の布施を受けるより
熱い火炎のような
鉄の玉を飲む方がましだ


○子供のためのダンマパダ

道徳を守らない坊さんは
信者のお布施をもらうより
火のかたまりを飲む方が
多く苦しまなくて済みますよ





○一口メモ

 今回の308番の詩は、昨日の307番の続きの詩で、悪行の比丘(僧侶)について述べられたものです。306番から始まった地獄の章は、以前にも感じたのですが、なかなか厳しい詩の集まりだと思います。しかし、地獄とは「非常に悪い結果、不幸な結果」と理解すると、この章は因果法則、原因と結果の法則を教える章であると思えます。人間は具体的に見たり、聞いたりできない事柄についてはなかなか理解できません。ですから、まだ現れてない悪行の結果は予想できないのです。そこで、お釈迦さまは悪い結果の象徴として地獄で表現したのではないかと思います。もちろん、それ以上の真実を教えているのかも知れませんが、悪い結果の象徴として地獄を理解するだけでも、原因としての悪い行為が、地獄という悪い結果によって、いかに間違った行為であり、私たちを不幸にするかイメージを伴って理解できるからです。ですから、地獄をそんなバカなこと信じられないと思うより、それほど苦しい厳しいことなのだと理解した方がよいのです。逆に、そのような悪い行為をしなければ、悪い結果としての地獄に行かなくとも済むというわけです。

 さて、前がきが長くなりましたが、この詩を始めてこの詩を読んだ時、意味がよく分からりませんでした。私は岩波文庫の「真理のことば 感興のことば」という本で読んだのですが、その本には次のように訳されていました。

 「三〇八 戒律をまもらず、みずから慎むことがないのに国の信徒の施しを受けるよりは、火炎のように熱した鉄丸を食(くら)うほうがましだ。」

 「国の信徒の施しを受ける」と書いてありますから、比丘(僧侶)のことを言っているのでしょう。またその比丘が戒律をまもらず、みずから慎むことがないことは罪があることであることを知らなければなりません。しかも、その比丘が信徒の布施を受けるということは、信徒の期待をも裏切る、大きな罪なのかも知らなければなりません。

 「火炎のように熱した鉄丸を食(くら)う」ということは、今の自分の身体が焼かれることです。しかしそれだけで済むのです。しかし、不真面目な比丘が「国の信徒の施しを受ける」ということは、比丘は地獄に行くという大罪を犯すことになります。火炎で現在の自分の身体を焼かれるより、地獄に行くという大きな苦しみに遭うということです。このことがわからなければ、この詩の意味が理解できないのです。

 比丘は戒律をまもり、真面目に修行して、信者さんのお布施を受けることは大きな善行なのです。信者さんは真面目に修行している修行者にお布施をすることは大きな功徳があります。お布施はいろいろな意味があります。相手に対する慈悲の実践であり、自分の物に対する執着を手放す行為なので、涅槃に向かう修行になります。また、布施の実践をした時、欲から離れた心も感じることができるのです。その時、ある種の喜びも感じられるものです。
 
 
○スマナサーラ長老の308番以降の詩についての御説法はまだ発表されてません。

○前回までのこの詩に関するブログ記事

*破戒僧食事の布施を受けるより熱玉呑めよ地獄よりよい
http://76263383.at.webry.info/200908/article_4.html

* 戒を守らぬ悪行比丘は布施を受けずに火玉呑め
http://76263383.at.webry.info/200809/article_26.html
 

○パーリ語訳

セッヨー アヨーグロー ブットー
Seyyo   ayoguḷo     bhutto,
よりよい 鉄球を     食する方が
タットー アッギスィクーパモー
tatto    aggisikhūpamo;
熱い   火の炎のような
ヤンチェー  ブンジェッヤ  ドゥッシーロー
Yañce      bhuñjeyya    dussīlo,
その人がもし 食するならば  破戒の
ラッタピンダマサンニャトー
raṭṭhapiṇḍamasaññato.
土地で食を受ける無制御の人


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。

〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


"308.熱い火炎のような鉄の玉を飲む方がましだ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント