315.内外を守られた辺境の街のように自分を守れ

ダンマパダ 第22 地獄(最悪の結果)の章 315

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

○片山一良先生 訳

辺境の都市が内外に
よく守護されているように
自己をよく守護するがよい
光陰空しく渡るなかれ
光陰空しく渡る者らは
地獄に堕ちて悩むゆえ



○日常語訳

内外を守られた
辺境の街のように
自分の心を守れ
瞬時も見逃すな
見逃した者たちは
地獄に引き渡され悲しむ


○子供のためのダンマパダ

自分を守れとは
心を守ること
心を守るとは
欲や怒りの感情が起きないように
自分に注意を向けること





○一口メモ

 前々回のこの詩に関する「この詩から学ぶこと」に私には今でも記憶に残っていることが書かれています。その内容は次の通りです。

 私は仏教を勉強し始めの頃、自分を守ることを怠ったことで地獄に行くというのは罪が重すぎるのではないかと思いました。当時の私は自分を守るなどほとんど やっていませんでしたから、もしその通りであれば私は地獄に行くことになると心配しました。そこで、 私は「自分を守らないだけで、地獄に行くというのは 罪が重すぎではないですか?」とスマナサーラ長老に質問しました。

 スマナサーラ長老は「自分を守るとは、心を守ること、自分の感覚器官とその対象に注意を向けることです。目と色と形、耳と音、鼻と香り、舌と味、身体と接触するもの、意思と概念、これらのものが心に刺激を与え、狂わせる恐れがあるのです。ひどい場合には殺人まで起こすのです。
 城街の守りを怠り、盗賊が侵入すると何人も殺される恐れがあります。一人を殺すより、守りを怠ることは罪が重いのです。自分を守らないと、人間は何をし でかすか分からないのです。ですから罪は重いのです。」とお答えになりました。

 心の外の敵とは、私たちの眼、耳、鼻、舌、身、意の感覚に対する刺激です。すなわち、色、声、香、味触、法です。心の内の敵は、それらの敵に対する反応で す。その反応は3つあります。すなわち、快いものには、もっと欲しいという欲が現れます。不快なもの嫌なものに対しては、それに対する怒りが現れます。ま た、無関心なものには心に愚かさが現れるのです。この欲と怒りと愚かさは私たちを不幸にする心の内敵なのです。

 私たちの感覚には、絶えず、休むことなく、刺激が攻撃しているのです。ですから、心を守る仕事は休む暇がないのです。それらの刺激に注意しないで、心の 中に進入することを許してしまうと、心の中に、欲か怒りか愚かさが現れて、私たちを地獄に引き込むような悪事を働かせることになるのです。ですから、心を守 る必要があるのです。心を守るとは感覚の刺激によって欲、怒り、愚かさが現れないようにすることです。私たちがヴィパッサナー瞑想で実践しているように、音 を聞いたら、よい音だとか、嫌な音だと思わずに。単に、「音、音、音」と聞けるようにすることです。それが心を守るということなのです。


○前回までのこの詩に関するブログ記事


*外敵を守る城壁そのように自分を守り地獄を見るな
http://76263383.at.webry.info/200908/article_10.html


* 瞬時のひまなく心を守れ怠けた者は地獄行く
http://76263383.at.webry.info/200810/article_1.html
 

○パーリ語原文

ナガラン ヤター パッチャンタン
Nagaraṃ  yathā  paccantaṃ,
城壁    ように 辺境の
グッタン  サンタラバーヒラン
guttaṃ    santarabāhiraṃ;
守られた  内外を
エーワン ゴペータ アッターナン
Evaṃ    gopetha  attānaṃ,
そのように 守れ   自己を
カノー ヴェー マー ウパッチャガー
khaṇo  ve    mā   upaccagā;
瞬時も 実に  するな 虚しくすごす 
カナーティーター ヒ    ソーチャンティ
Khaṇātītā       hi    socanti,
瞬時を失った者は 実に  悲しむ
ニラヤンヒ サマッピター
nirayamhi  samappitā.
地獄に   引き渡され


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


"315.内外を守られた辺境の街のように自分を守れ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント