323.実にこれらの乗り物では未到の涅槃には行けないから

ダンマパダ 第23 象の章 323

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します


○片山一良先生 訳

実にこれらの乗り物にては
未到の地には達しえず
自ら調御し、調御者が
よく調御し、達するように



○日常語訳

実にこれらの乗り物では
未到の涅槃には行けないから
自分をよく訓練することによって
訓練した人は到達する

○子供のためのダンマパダ

涅槃はどこにあるの?
新幹線でも飛行機でも行けないところ
こころの汚れを落として
智慧ができれば行けるところです





○一口メモ

 前回及び前々回のブログでは、322番と323番の詩をいっしょに掲載いたしました。しかし今回は322番は昨日、320番、321番と共に掲載しました。今日323番を単独で掲載することになります。なぜそうしたかは、これらの詩ができた因縁物語に従ったからです。その理由に深い根拠はありません。しいて言えば、いっぺんに多くの詩を掲載したいと思うか、一つずつゆっくりと掲載しようと思うかの違いです。

 前回や前々回のパーリ語訳を丁寧に比べておられる方は、気がつかれたと思いますが、前回は出だしが、「何となれば」となっていましたが、今回は「実に」となっています。それはパーリ語の「hi」の訳に、「実に」という訳と「なんとなれば」という訳があるからです。前の詩につなげて考えれば、「何となれば」の方がいいのですが、単独の詩であれば「実に」のほうがいいと思ったのです。

 さて、この詩の意味は、これらの乗り物とは、ラバや馬や象なのです。これらの乗り物では「未到の地」とは涅槃のことです。涅槃にはいけません。涅槃には、自分を調御して、欲、怒り、愚かさなどの煩悩をなくした人が到達できると言っているのです。

 このことに関連して、前々のブログの「この詩から学ぶこと」に次のように書いてあります。

 ある時、釈尊は比丘たちに聞きました。「智慧を増やす方法は何か?」 それに対して釈尊自身が「1.智慧ある人に親しむこと。2.正法を聞くこと、すな わち学ぶこと。3.如理に作意すること。4.法に即した行ないをすることである」とお答えになりました。(南伝大蔵経18巻428ページ)

 「4、法に則した行ないをすること」に関しては、9月28日にダンマパダ84番で説明しました。
  http://76263383.at.webry.info/200809/article_28.html

 さて、今回の詩は「3.如理に作意すること」の分かりやすい例だと思います。その説明をする前に、「如理に作意すること」の説明をします。この意味は論 理的で有益な目的のある思考をすることです。ただ論理的であればよいのではありません。論理的であっても、有益な目的のない思考は無駄な思考であり、世の 中を混乱させます。論理的であっても、有害な目的のある思考は人類の破滅をもたらします。その最大なものは戦争です。

 論理的に考えるとは根拠があるということです。上の詩で、訓練されたラバよりも、駿馬よりも、巨象よりも、自分を訓練した人は優れていると述べられてい ます。論理的であるためにはその根拠が必要なのです。この詩では、訓練されたラバ、駿馬、巨象に乗って涅槃にはいけないが、自分をよく訓練すれが涅槃に到 達できるという根拠が示されています。釈尊の説法すなわちお経はすべて解脱のため、涅槃に到達すために役に立つという明確な最高に有益な目的があります。 この詩もその通りのものであることがはっきりと分かります。

 八正道の正思惟は、欲のない思考、怒りのない思考、害意のない思考のことですが、論理的な思考すなわち根拠のある思考と、同時に解脱に役に立つ、涅槃に達するためという最高に有益な目的ある思考をするようにこころがければ、智慧が増すことは間違いがないことです。

 結論は、自分自身を訓練して、智慧を増やして、涅槃に到達しようということです。

 昨日のブログのコメントに、もく魚さんが書いてくれましたが、2年前の今日、2008年6月21日にこのブログを始めたのですね。少し感傷的になりますが、必要なことは無執着です。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*なぜならばそれに乗っても涅槃にいけない自制で行ける
http://76263383.at.webry.info/200908/article_15.html

* 乗り物でなく、自己の訓練が未到の涅槃に連れて行く
http://76263383.at.webry.info/200810/article_6.html
 

○パーリ語原文

323.
ナ   ヒ      エーテーヒ ヤーネーヒ
Na   hi       etehi      yānehi,
ない 実に     これらの  乗物によって
ガッチェッヤ アガタン ディサン
gaccheyya   agataṃ   disaṃ;
行ける     未踏の  地方に
ヤター タナー   スダンテーナ
Yathā'  ttanā     sudantena,
ように 自分を    よく訓練して
ダントー    ダンテーナ ガッチャティ
danto       dantena    gacchati.
訓練した人が 訓練で    到達する


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


"323.実にこれらの乗り物では未到の涅槃には行けないから" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント