328~330.林中の象のように悪をすることなく求めること少なく独り歩め

ダンマパダ 第23 象の章 328,329,330

ナモー タッサ バガワトー アラハトー サンマーサンブダッサ
Namo   tassa   bhagavato   arahato    sammāsambuddhassa
阿羅漢であり正自覚者であり福運に満ちた世尊に敬礼致します

○片山一良先生訳

聡明にして共に行い
善く住む慧者を友に得たなら
あらゆる危難を克服し
喜び、念もて、かれと行くべし

聡明にして共に行い
善く住む慧者を友に得ぬなら
王が領土を捨てる如く
森象の如く独り行くべし

愚者には友の資格なし
独りで行く方がよい
諸悪をなさず、泰然として
森象の如く独り行くべし



○日常語訳

もしも正しい生活している賢明な
友を得るならば共に歩め
それで一切の困難を克服して
心にかなう気付きある生活ができる

もしも正しい生活している賢明な
友を得られないならば
征服した王国を捨てる王のように
林中の象のように一人歩め

愚か者と付き合うよりは
独り歩む方が良い
林中の象のように悪をすることなく
求めること少なく独り歩め


○子供のためのダンマパダ

友だちや動物に親切で
うそをつかない友ならば
大切な友として
仲良くするように

友だちや動物をいじめ
うそをつく友ならば
さける友として
付き合わないように

いじわるでうそをつく友と
付き合うよりは
独りで遊び
独りで勉強する方がよい





○ひと口メモ

 お釈迦さまはたびたび善友の重要性について述べておられます。今回の詩も、賢明な友が得られるならば、共に歩めと教えています。「それで一切の困難を克服して、心にかなう気付きある生活ができる」のです。つまり、それで八正道を実践でき、修行を完成できるのです。

 そのほか有名なお話しを一つを紹介しましょう。中村元訳「神々との対話 サンユッタ・ニカーヤ」(岩波文庫)191ページ。

 「そのとき、修行僧アーナンダが、私(釈尊)のところに近づいて来ました。近づいてから・・・
私(釈尊)に次のように申しました。『・・・善き友のあること、善き仲間のいること、善き人々に囲まれていることは、清浄行の半ばに近い」と。
 このように言われたので、私(釈尊)は・・・次のように言いました。『アーナンダよ。そうではない。そうではない。善き友をもつこと、善き仲間のいるこ と、善き人々に囲まれていることは、清浄行の全体である。善き友である修行僧については、このことを期待することができる。善き友、善き仲間、善き人々に 取り囲まれている修行僧ならば、八正道を修めることができるであろう。そうして八正道を盛んならしめるであろう。・・・』と」

 釈尊は善き友と親しくすることは、「仏教修行の全体である」とまで言われるのです。その根拠は「八正道を修めることが出来るであろ」と述べられています。

 次の詩では、不幸にして、「もしも正しい生活している賢明な、友を得られないならば」どうするのかが述べられています。回りに正しい生活をしない、愚か友ばかりであれば、それらの人々から離れた方がよいのです。昨日、一昨日に述べましたように、心は栄養(エネルギー)を必要としています。回りに善いエネルギーがなく、悪いエネルギーばかりであれば、心は悪いエネルギーを取り込んで、心は悪に染まるのです。悪い心はその人を不幸にするのです。悪に染まった心はその人を最悪の結果(地獄)に導くのです。それはなんとしても避けなけれいけません。大人も子供も同じです。悪に導く友は避けた方が安全なのです。

 誤解してほしくないことは、これらの詩でお釈迦さまは孤独を勧めていると思わないで下さい。そのように誤解して、回りにが善友はいないと勝ってに判断して、引きこもっているのが格好いいなどと思わないで下さい。以前、スマナサーラ長老が「スッタニパータの『犀の角』という経にあこがれて、『犀の角のようにただ独り歩め』と孤独が格好いいと思っている人がいるがそれは間違いだ。」と仰っていました。お釈迦さまは善友と付き合うことが一番大切だと仰っておられるのです。最高の善友のお釈迦さまはおられませんが、お釈迦さまの教えを守り伝えているサンガがあります。サンガは善友の集団です。現在、私たちはその気になれば、サンガの比丘たちを善友にすることができるのです。ですから、善友はいないと決めないで下さい。善友と付き合ってください。


○前回までのこの詩に関するブログ記事

*賢明な友を得るならそれにより心にかなう生き方できる
http://76263383.at.webry.info/200908/article_20.html

*賢い友が得られないならば独りで歩め象のように
http://76263383.at.webry.info/200810/article_11.html
 

○パーリ語原文

328.
サチェー ラベータ ニパカン サハーヤン
Sace    labhetha  nipakaṃ   sahāyaṃ,
もし    得る    賢い     友を
サッディン チャラン サードゥヴィハーリディーラン
saddhiṃ   caraṃ   sādhuvihāridhīraṃ;
共に    行う    正しく生活する賢者を
アビブッヤ  サッバーニ パリッサヤーニ
Abhibhuyya  sabbāni    parissayāni,
克服する   一切の    困難を
チャレッヤ   テーナッタマノー  サティーマー
careyya     tenattamano      satīmā.
送れるだろう それで心にかなう  念のある
329.
ノー チェー ラベータ ニパカン サハーヤン
No   ce    labhetha  nipakaṃ  sahāyaṃ,
ない もし   得る    賢い    友を
サッディン チャラン サードゥヴィハーリディーラン
saddhiṃ   caraṃ   sādhuvihāridhīraṃ;
共に     行う   正しい生活する賢者を
ラージャーワ ラッタン ヴィジタン パハーヤ
Rājāva     raṭṭhaṃ  vijitaṃ    pahāya,
王のように  王国を  征服した  捨てて
エーコー チャレー マータンガランニェーワ ナーゴー
eko     care     mātaṅgaraññeva      nāgo.
独り    行け    林中の象 ように     象
330.
エーカッサ チャリタン セッヨー
Ekassa    caritaṃ   seyyo,
独りの    歩みが  より善い   
ナッティ バーレー サハーヤター
natthi   bāle      sahāyatā;
ない   愚者との   親交は
エーコー チャレー ナ  チャ パーパーニ カイラー
Eko     care    na   ca   pāpāni     kayirā,
独り    行け   ない 又   諸悪を    なせ
アッポッスッコー マータンガランニェーワ ナーゴー
appossukko     mātaṅgaraññeva      nāgo.
少欲として     林中の象 ように     象


〇詩のパーリ語について。100番からは正田大観先生を中心に行われました関西のダンマパダ輪読会の時の御自分のノートを参考にして、木岡治美様がわざわざ書き下ろしたものを私に送って下さいました。それを参考にさせて頂いております。


〇慈悲の瞑想

~私は幸せでありますように~
~私の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の願いごとが叶えられますように~
~私に悟りの光が現れますように~
~私は幸せでありますように(三回)~

~私の親しい人々が幸せでありますように~
~私の親しい人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の親しい人々の願いごとが叶えられますように~
~私の親しい人々にも悟りの光が現れますように~
~私の親しい人々が幸せでありますように(三回)~

~生きとし生けるものが幸せでありますように~
~生きとし生けるものの悩み苦しみがなくなりますように~
~生きとし生けるものの願いごとが叶えられますように~
~生きとし生けるものにも悟りの光が現れますように~
~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~

~私の嫌いな人々も幸せでありますように~
~私の嫌いな人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私の嫌いな人々の願いごとが叶えられますように~
~私の嫌いな人々にも悟りの光が現れますように~

~私を嫌っている人々も幸せでありますように~
~私を嫌っている人々の悩み苦しみがなくなりますように~
~私を嫌っている人々の願いごとが叶えられますように~
~私を嫌っている人々にも悟りの光が現れますように~

~生きとし生けるものが幸せでありますように(三回)~


(この慈悲の瞑想を唱える人には必ず幸せが訪れます。)

================================
~~~~~お 知 ら せ~~~~~

◎今回の詩に共感された方は、ページ右上の『仏教』バナーのクリックをお願いします。そうすると、仏教ランキングのランクが上がります。ランクが上がると多くの人の目に留まりやすくなり、ダンマパダの認知度が高まるからです。一日一回お願いします。

================================


" 328~330.林中の象のように悪をすることなく求めること少なく独り歩め" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント