悪いこと すれば必ず 苦しむよ この世で苦しみ 地獄で苦しむ(17)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします

イダ    タッパティ  ペッチャ  タッパティ 
Idha     tappati    pecca    tappati,
この世で   苦しむ   死後に   苦しむ 

パーパカーリ   ウバヤッタ   タッパティ
pāpakārī      ubhayattha   tappati;
悪をなした人は   両所で     苦しむ

パーパン  メー カタンティ    タッパティ 
Pāpaṃ    me  katanti      tappati,
悪が    私によってなされたと  苦しむ

ビッヨー タパッティ ドゥッガティン  ガトー
bhiyyo   tappati    duggatiṃ    gato.
より多く  苦しむ    悪趣に    行って


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200901/article_8.html
http://76263383.at.webry.info/200911/article_11.html


○一口メモ
この詩は前々回の詩よく似ているのです。意図するところは同じです。
以前TVコマーシャルに「大切なことだから、2度言いますよ」というセリフがあったと思いますが、ここでも同じです。
大切なことだから、2度繰り返されているのです。

因果法則。行為にはその結果が必ずあること。
悪いことをすれば、必ず悪い結果があること。これらが述べられています。

異なる点は、悲しむ(ソーチャティ)の代わりに、
苦しむ(タッパティ)が使われいること。
後半は「私は悪ことをした」と苦しむ、すなわち後悔することが述べられています。
また、死後には悪趣(修羅、餓鬼、畜生、地獄)に行くと書かれています。
そこで、さらに苦しむことになるのだと強調されています。
恐ろしいですね。悪いことはすべきではないですね。


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

"悪いこと すれば必ず 苦しむよ この世で苦しみ 地獄で苦しむ(17)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント