瞑想し 常に努力し 最上の 安穏無碍なる 涅槃に触れる(23)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


テー   ジャーイノー  サータティカー
Te     jhāyino      sātatikā,
彼らは  瞑想して    堅忍し

ニッチャン  ダルハパラッカマー
niccaṃ    daḷhaparakkamā;
常に     強く 努力し

プサンティ ディーラー  ニッバーナン
Phusanti   dhīrā     nibbānaṃ,
触れる    賢者達は   涅槃に

ヨーガッケーマン   アヌッタラン
yogakkhemaṃ      anuttaraṃ.
絆から離れた安穏な  最高の


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200901/article_10.html
http://76263383.at.webry.info/200911/article_13.html


○一口メモ
四聖諦というブッダの最高の教えがあります。
① 苦聖諦:世界(生命)は苦しみ、耐え難い、矛盾し、不完全で、不安定で、真の満足のない状態であるという真理。
② 苦集聖諦:苦の生じる原因は渇愛であるという真理。
③ 苦滅聖諦:苦の滅、すなわち渇愛が消滅した状態、これが涅槃であるという真理。
④ 苦滅道聖諦:苦の滅(涅槃)にいたる道、その実践項目は八支聖道であるという真理。

この四聖諦の第一、苦聖諦がよく分からないのです。人生は苦しみだと言っても、楽しい時もあると思いますし、人生は苦しみだとは思いたくないのです。ブッダの教えの出発点が分からないのですから、ブッダの教えを理解しないことになるのです。

この真理の分からない理由は、よく使われる例えとして、海に住む魚は海の存在に気づけないということです。つまり、苦の中に住む私たちは苦が分からないので、苦から抜け出ることができません。しかし、ブッダは人類で初めて、苦について悟り、苦から脱出する道を発見しました。

これを、なぜできたのか、それは「涅槃に触れた」からなのです。
やっとこの詩に結び付きました。涅槃に触れることで、世界(生命)の苦しみが分かったのです。涅槃から見れば、世界(生命)は苦しみ以外の何物でもないのです。

この詩では、涅槃は絆(拘束、束縛)から離れた、安らかで穏やかな最高の状態と表現していますが、触れて見なければ分からない言葉では表現できない世界なのです。

涅槃に触れたブッダは、自分が経験した涅槃に触れる方法を教えているのです。それは瞑想による方法です。それを常に、忍耐強く、努力して実践しなさいと教えています。この詩には不放逸という言葉は出ていませんが、不放逸の章にこの詩を置いています。ブッダの言う瞑想は不放逸による瞑想です。


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。



"瞑想し 常に努力し 最上の 安穏無碍なる 涅槃に触れる(23)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント