この身体 泡のようだと 悟る人 悪魔の花を 断ち切るだろう(46)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ペーヌパマン   カーヤミマン  ウィディトゥワー
Pheṇūpamaṃ   kāyamimaṃ   viditvā,
泡のような    身体 この    知って 

マリーチダンマン     アビサンブダーノー
marīcidhammaṃ      abhisambudhāno;
蜃気楼の性質があると  よく覚った者は

チェトゥワーナ  マーラッサ   パプッパカーニ
Chetvāna     mārassa     papupphakāni,
断って       悪魔の     花の矢を

アダッサナン  マッチュラージャッサ  ガッチェー
adassanaṃ    maccurājassa       gacche.
見えない所へ   死の王の        行くだろう


○直訳
泡のようなこの身体を知って
蜃気楼の性質があるとよく悟った者は、
悪魔の花の矢を断って
死の王の見えない所へ行くだろう。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200901/article_30.html
http://76263383.at.webry.info/200912/article_3.html

○一口メモ

今回も難しい詩です。これが分かったら、解脱して、涅槃に行くと言うものです。
分からなくても、あなたが悪いわけではないし、私の説明が悪いと言うわけではないと思います。

「この身体は泡のようなものだ」と言われても、そうとは思えない。蜃気楼とは、遠くからは幻のように見えるが、近づくと何もなく、何も見えないものですが、この身体もそのようなものだと言うのです。しかし、そのようには思えない。この身体は叩けば痛いのです。幻のようには思えない。これが私たちの実情です。

しかし、お釈迦様は、この詩のように言われます。
この「真理の言葉」どのようにしたら理解できるでしょうか?
実は、お釈迦様はこの「真理の言葉」を理解する方法を教えています。
その方法は八正道です。八正道を実践して行く過程で、この真理が理解されるのです。

ブッダの定義による八正道の説明は、下記のアドレスの記事に書きましたので、それを参考に、慈悲の瞑想(慈悲喜捨の心を育てる瞑想)をすれば、八正道を実践できるという観点から新たに説明します。
http://76263383.at.webry.info/200907/article_12.html

正見:すべての生命は幸福を求めているという見解、すなわち生命は苦の中にいるという見解。苦の原因は渇愛(貪欲、無知)であるという見解。苦は滅尽できると言う見解。苦の滅尽にいたる方法(八正道)についての見解。これらを正見といいます。また、慈、悲、喜、捨の心を持つべきだという見解も正見です。当然この反対の怒りと暴力と嫉妬と貪欲からの見解は排除されます。

正思惟:慈しみのある思考、憐れみのある思考(困っている人を助けたいと言う思考)、他人の喜びに共感できる思考、差別意識のない自我のない自他を平等にみる思考、これらは正思惟です。

正語:①嘘を言わないこと。②陰口を言わないこと。③悪口を言わないこと。④無駄話をしないこと。これが正語ですが、慈悲喜捨の心があれば当然できることです。

正業:慈悲喜捨の心に基づく行為を正業と言います。
正命:慈悲喜捨の心に基づく仕事、生活です。

正精進:慈悲喜捨の実践を繰り返し行うことです。この行いを実践するときは正念があります。正精進の時の心は善心なのです。善心の時は、心から煩悩が排除されているからです。

正念:「身において身を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて住みます。もろもろの受において受を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて住みます。心において心を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて住みます。もろもろの法において法を観つづけ、熱心に、正知をそなえ、念をそなえ、世界における貪欲と憂いを除いて住みます。」 これはブッダの正念の定義です。必要な時、一語一語確認して理解する必要があります。慈悲の瞑想をすると、正念に近い心境になれます。

正定:正定の定義は第一禅から第四禅までありますが、ここには第一禅のみを引用します。 「もろもろの欲を確かにはなれ、もろもろの不善の法をはなれ、大まかな考察のある、細かな考察のある、遠離から生じた喜びと楽のある、第一の禅に達して住みます。」
慈悲の瞑想を行うと禅定に非常に近い近行定になると言われています。人によっては第一禅定に入定するのではないでしょうか。

正定の目的は煩悩を沈めて、集中力をつけ、智慧を開発することです。この智慧の力で煩悩を捨てて、解脱するのです。
そうすれば、この詩の「この身体は泡のようなもの、蜃気楼のようなものだ」と分かる筈です。この詩を理解するための長い道のりでした。

最後に、「悪魔の花の矢」とは、「煩悩」と考えてよいと思います。
「死の王の見えない所」とは「涅槃」のことです。

「この身体 泡のようだと 悟る人 悪魔の花を 断ち切るだろう」


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

"この身体 泡のようだと 悟る人 悪魔の花を 断ち切るだろう(46)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント