花求め 執着ある人を 死神は 津波のように 連れさって行く(47)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


プッパーニ  ヘーワ     パチナンタン
Pupphāni   heva       pacinantaṃ,
花を     実に ように   摘んでいる

ビャーサッタマナサン  ナラン
byāsattamanasaṃ    naraṃ;
執着の意のある     人を

スッタン  ガーマン  マホーゴーワ
Suttaṃ   gāmaṃ   mahoghova,
眠った   村を    大洪水の ように

マッチュ  アーダーヤ  ガッチャティ
maccu   ādāya     gacchati.
死神は   取って     行く


○直訳
実に花を摘んでいる(人の)ように
執着の意のある人を
眠った村を大洪水のように
死神は取って行く。


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200901/article_31.html

http://76263383.at.webry.info/200912/article_4.html


○一口メモ

「花を摘んでいる人」とは、美しい言葉で書かれていますが、感覚の楽しみを求めて、感覚から生まれた欲を満足させようと生活している人を意味しています。このことは私たちの生活のあり方です。多くの人々は、それのどこが悪いと思うでしょう。

しかし、ブッダはそのような生活に批判的です。なぜならば、欲は満足ということを知らないのです。一時的に満足することはあっても、すぐその状態に不満を持ち、欲は増大しるか、今までと異なる欲を作るのです。ですから、これらの人々の心は常に不満なのです。不満な気持ちで生きていることになるのです。不満の人の心には怒りがあらわれます。感覚の楽しみを常に求めている人は、不満と怒りで不幸な生き方をしているのです。

感覚とは、見ること、聞くこと、匂うこと、味あうこと、接触です。感覚の楽しみを常に求めている人は、感覚に執着しているのです。感覚の奴隷になっているのです。

感覚の楽しみを求める人にも確実に、死が訪れます。この詩では、死を死神と表現しています。それは突然やってきます。それはあたかも、大洪水が突然やってくるようものなのです。私たち日本人には津波のようにと言った方が分かりやすいかもしれません。

これが現実なのです。ブッダは、この現実の中で私たちはどのように生きるべきか考えるように教えているのです。

「花求め 執着ある人を 死神は 津波のように 連れさって行く」


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


"花求め 執着ある人を 死神は 津波のように 連れさって行く(47)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント