賢者から 何も学べぬ 愚か者 スープの味が 分からぬサジだ(64)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


ヤーワジーワンピ  チェー   バーロー
Yāvajīvampi      ce      bālo,
命ある限り      たとえ   愚者は

パンディタン  パイルパーサティ
paṇḍitaṃ    payirupāsati;
賢者に     仕え(ても)

ナ   ソー  ダンマン     ウィジャーナーティ
Na   so    dhammaṃ    vijānāti,
ない  彼は  法(真理)が   わから

ダッビー  スーパラサン     ヤター
dabbī     sūparasaṃ      yathā.
サジは   スープの味が    ように


○直訳
たとえ愚者が命ある限り
賢者に仕えても
彼は法(真理)が分からない
サジはスープの味が(分からない)ように


○一口メモ
愚か者とは辞書的には社会的常識に欠ける者を言います。世間では頭の悪い人を言うようです。また、頭の悪い人とは記憶力の弱い人、考える力の弱い人を言うようです。しかし、ブッダの使う愚か者の意味は、真理を知らない人、愚か者を自覚してない人の意味です。

(四行の詩、一つも覚えられないくらいに記憶力が弱いチューラパンタカの言う比丘が阿羅漢になったという例などがあります。ですから、記憶力は愚か者の条件にはならないのです。)

その前提を理解しておかないと、愚か者は頭が悪いから、賢者に教えてもらっても真理が分からないような意味に取りますが、そうではなくて自分が愚か者であると言う自覚のない者、無知の自覚がないから真理を理解できないのです。

何故ならば、自分が愚かであることの自覚がなければ、学ぼうとする意志がありません。賢者が教えても聞く耳を持たないのです。学ぼうという気持ちがないのですから、学べるはずはないのです。真理を学ぶためには、自分が無知であるという自覚がどうしても必要なのです。

それにしても、ブッダの「スープの味の分からぬサジ」という例えは厳しいですね。

「賢者から 何も学べぬ 愚か者 スープの味が 分からぬサジだ」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200902/article_13.html
http://76263383.at.webry.info/200912/article_17.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。

"賢者から 何も学べぬ 愚か者 スープの味が 分からぬサジだ(64)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント