善人は 楽しみ求め しゃべらない 賢い人は 動揺しない(83)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


サッバッタ  ウェー    サップリサー  チャジャンティ
Sabbattha   ve      sappurisā     cajanti,
一切処に   実に    善人は      捨てる

ナ   カーマカーマー   ラパヤンティ  サントー
na    kāmakāmā      lapayanti     santo;
ない  欲から欲へ     語ら      (善人)静かな人は

スケーナ    プッター  アタ   ワー   ドゥケーナ
Sukhena     phuṭṭhā   atha   vā     dukhena,
楽によって   触れて   また  或いは  苦によって

ナ  ウッチャーワチャン  パンディター   ダッサヤンティ
na   uccāvacaṃ       paṇḍitā      dassayanti.
ない  高低を        賢者達は    見せ


○直訳
実に善人は一切所に捨てる
善人は欲から欲に語らない
また楽に触れて或は苦によって
賢者たちは高低を見せない


○一口メモ
この詩の意訳は次の通りです。
「善人は何事にも執着しない。
善人(静かな人)は楽しみを求めて語らない。
賢者は楽しい時も苦しい時も
動揺しない。」

一行目の善人(サップリサー)は4音節、二行目の善人(サントー)は2音節ですので、音韻の関係で同じ善人でも異なる言葉を使ったということもありますが、二行目の善人はおしゃべりしないので、静かな人なのです。ですから「静かな人」という意味にもとれるサントーという言葉を使ったのではないかと思います。ブッダの言葉の使い方の巧みな所が読み取れます。

この詩では善人(サップリサー)と善人(サントー)は賢者と同じ意味と理解してよいと思います。ですから、「執着しないこと」「楽しみを求めて語らないこと」「楽しい時も苦しい時も動揺しない」これらのことは賢者の特徴と考えてよいと思います。

「楽しい時も苦しい時も動揺しない」は81番の詩で「岩山の喩え」で解説しましたので、ここでは「楽しみを求めて語らない」について解説します。

多くの人々は、おしゃべりが好きです。おしゃべりが楽しみなのです。ですから「楽しみを求めて語らない」ことには抵抗がある人が多いと思います。楽しみのためにおしゃべりしてどこが悪いと思うでしょう。

口による悪行為は四つあります。
①妄語:嘘を言うこと。
②両舌:告げ口。
③悪口:粗悪な言葉。
④綺語:くだらない言葉。無駄話。

「楽しみのためのおしゃべり」は上の④にあたります。不必要なこことのおしゃべりだから禁止しているのです。「必要なことを語ること」を禁止しているわけではありません。

「楽しみ」も必要なことだという考え方もありますが、「楽しみのためのおしゃべり」をしているときの心の状態を調べてみる必要があります。「退屈だから、おしゃべりで紛らわす。」「寂しさを紛らわすためにおしゃべりをする。」など子供(最近は大人も)がゲームで遊ぶようなものなのです。これらは、時間の無駄であり、時間の無駄は命の無駄使いです。

無駄なものに意識を向け続けていると、意識に混乱をもたらします。理性的は判断ができなくなります。悪いことばかりで、善いことはありません。それは人生を不幸なものにするのです。ですから「楽しみを求めておしゃべりをするのはやめた方がよいのです。
実は、この詩における善人は何事にも執着しないとありますので、何かを話したいと言う気持ちもないのです。ですから、おしゃべりしたいけれど無駄話は善くないからやめるということではなく、話したいという気持ちがないのです。心が静かだから、言葉もないのです。


善人は 楽しみ求め しゃべらない 賢い人は 動揺しない


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_1.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_5.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"善人は 楽しみ求め しゃべらない 賢い人は 動揺しない(83)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント