釈尊の 説かれた真理 守るなら 乗り越え渡たる 煩悩の河(86)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


イェー  チャ   コー   サンマダッカーテー
Ye     ca    kho    sammadakkhāte,
この   しかし  実に   正しく説かれた

ダンメー    ダンマーヌワッティノー
dhamme     dhammānuvattino;
法において  法に従順な人々は

テー      ジャナー  パーラメッサンティ
Te        janā     pāramessanti,
そのような  人々は   彼岸に行くであろう

マッチュデッヤン      スドゥッタラン
maccudheyyaṃ        suduttaraṃ.
死王の領域(を超えて)  極めて越えがたい


○直訳
しかし、実にこの正しく説かれた
法において、法に従順な人々は
そのような人々は極めて越えがたい
死王の領域を超えて彼岸に行くであろう

○意訳
しかし、ブッダに説かれた教えを
素直に実践するならば
越えがたい煩悩の大河を超えて
涅槃に達するだろう


○一口メモ
この86番の詩は昨日の85番の詩の続きです。不善の人と親しむことで、誤った考え方を聞き、その流れで、無明が現れ、人々は悩み苦しむことになる。そのため、煩悩の世界から涅槃に行く人は少ないと言うことでした。

しかし、ブッダの説かれた教えを、素直に実践すれば涅槃に到達できると今回の詩は述べているのです。昨日紹介した「無明経」(増支部10集61経)の後半に従って解説してみます。

1.善友に親しむならば、正法を聞くことができる。

2.正法を聞くことができれば、物事にたいする正しい理解ができる。

3.物事にたいする正しい理解ができれば、正しい考え方ができる。

4.正しい考え方ができれば、正しい心の状態を保ち、正しく知ることができる。

5.正しい心の状態を保ち、正しく知ることができれば、目、耳、鼻、舌、身、意において感覚をコントロールできる。

6.目、耳、鼻、舌、身、意において感覚をコントロールできれば、身体よる善行為や言葉による善行為や心による善行為ができる。

7.身体よる善行為や言葉による善行為や心による善行為ができれば、四念処(身体、感覚、心、心の要素を正しく保つこと)ができる。

8.四念処ができれば、七覚支(悟りの七つの要素:念、択法、精進、喜、軽安、定、捨)ができる。

9.七覚支ができれば、明智と解脱ができ、涅槃に到達する。

以上により、越えがたい煩悩の大河を超えて涅槃に到達するのです。四念処や七覚支などさらに説明を要する仏教用語もありますが、ブッダを代表とする善友と親しむことで修行が完成して涅槃にいたりますので、安心してブッダの説かれた教えを従順に実践してください。

「釈尊の 説かれた真理 守るなら 乗り越え渡たる 煩悩の河」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_3.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_7.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。


"釈尊の 説かれた真理 守るなら 乗り越え渡たる 煩悩の河(86)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント