地のように 怒ることない 阿羅漢は 願うことなく 輪廻はしない(95)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


パタウィサモー   ノー    ウィルッジャティ
Pathavisamo     no     virujjhati,
地に等しい者は   ない   怒ら

インダキールーパモー  ターディ   スッバトー
indakhīlūpamo       tādi      subbato;
門柱のような       そのよう   善行者は

ラハドーワ   アペータカッダモー
Rahadova    apetakaddamo,
池の ような  離れた者 泥から

サンサーラー  ナ  バワンティ   ターディノー 
saṃsārā      na   bhavanti     tādino.
輪廻は      ない  存在し    そのような者には


○直訳
地に等しい者は怒らない
門柱のような善行者はそのようである
泥から離れた池のような者
そのような者には輪廻は存在しない


○一口メモ
この詩の意味は次の通りです。「地は、花を植えられても喜ばなし、ゴミや糞尿を捨てられても怒らない。門柱は飾りで飾られても喜ばなし、車にぶつけられても怒らない。地や門柱のような人は怒らない。また、細かい泥が沈んで、水が清らかになった池のように、煩悩がなくなって、心が清らかな阿羅漢は、何も願うことはなく、もちろん再生を望む心の要素が何もないため、生まれ変わりません。すなわち、輪廻はしないということです。」

「地に等しい者は怒らない」をさらによく理解のために、「中部経典第62大ラーフラ教誡経」(大蔵出版 パーリ仏典第Ⅰ期3 p212-213)から、次の釈尊の言葉を引用します。ちなみに、ラーフラとは釈尊の息子です。

「ラーフラよ、地のように修習しなさい。なぜならば、ラーフラよ、地のように修習するそなたには、生じている好・不好の接触が心を捉えてとどまることはないであろうからです。たとえば、ラーフラよ、地に清浄なものを投棄しても、不浄なものを投棄しても、糞そのものを投棄しても、尿そのものを投棄しても、唾そのものを投棄しても、膿そのものを投棄しても、血そのものを投棄しても、地はそれによって憂えたり、恥じたり、嫌悪したりすることはありません。ちょうどそのように、ラーフラよ、そなたも地のように修習しなさい。なぜならば、ラーフラよ、地のように修習するそなたには、生じている好・不好の接触の心を捉えてとどまることはないであろうからです。」

ブッダの詩には多くの例えが使われていますが、その例えを頭で理解するだけでなく、心に深く刻んで学ぶことは大切なことです。この詩では阿羅漢を「地」「門柱」「水の清らかな池」に例えて、阿羅漢の特質を示しているのです。

「地のように 怒ることない 阿羅漢は 願うことなく 輪廻はしない」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_11.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_14.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。


"地のように 怒ることない 阿羅漢は 願うことなく 輪廻はしない(95)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント