最上人 盲信せずに 無為を 知り法に従い 欲捨てにけり(97)

阿羅漢であり、正自覚者であり、福運に満ちた世尊に、私は敬礼いたします。


アッサッドー  アカタンニュー   チャ
Assaddho    akataññū       ca,
信のない    無為を知った    また

サンディッチェードー  チャ   ヨー   ナロー
sandhicchedo       ca    yo     naro;
輪廻の絆を断ち切る  また   所の   人

ハターワカーソー   ワンターソー
Hatāvakāso      vantāso,
機会を捨て      欲を吐いた

サ   ウェー  ウッタマポーリソー
sa    ve     uttamaporiso.
彼は  実に   最上の人


○直訳
信のない、また無為を知った
また輪廻の絆を断ち切った
(善悪の)機会を捨て、欲を吐いた所の人
彼は実に最上の人(である)

○意訳
盲信しないで、涅槃を知った
輪廻の原因になる煩悩をなくし
妄想しないで、欲をなくした人
彼は最上の人、阿羅漢である


○一口メモ
「信のない」は意訳では「盲信しないで」となります。盲信しないように、お釈迦さまが説かれた「カーラーマ経」という経があります。(南伝大蔵経第17巻三集304頁-317頁)そこには次のように述べられています。
1.又聞きを信じるな (自ら確かめよ)
2.伝承を信じるな  (自ら確かめよ)
3.噂を信じるな  (自ら確かめよ)
4.聖典の教えでも信じるな  (自ら確かめよ)
5.論理だけで信じるな  (自ら確かめよ)
6.推論だけで信じるな  (自ら確かめよ)
7.表面の因相の熟慮だけで信じるな  (自ら確かめよ)
8.深慮し納得した見解でも信じるな  (自ら確かめよ)
9.可能性がありそうでも信じるな  (自ら確かめよ)
10.わが師と尊敬していても信じるな  (自ら確かめよ)
自ら知り理解するときは、それに従って、断ずべきときは断じ、実践すべきは実践するようにと教えています。

「輪廻の絆を断ち切った」の「輪廻の絆」とは輪廻の原因となる煩悩で「十結」と言われます。
1.有身見(うしんけん):永遠不滅の真我があると言う誤解
2.疑:迷って確信がないこと
3.戒禁取(かいごんしゅ):無意味な苦行やあらゆる宗教儀式・儀礼
4.貪欲:五欲に執着すること
5.瞋恚(しんに):いらいらして怒ること
6.色貪(しきどん):色界禅定に執着すること
7.無色貪(むしきどん):無色界禅定に執着すること
8.慢:自分と比較すること。自分を重要と思うこと
9.掉挙(じょうこ):落ち着きのないこと
10.無明:真実を知らないこと

「(善悪の)機会を捨て」の解釈は確定できませんが、現在、これは善だとか悪だとかあれこれ妄想するのではなく、自我をなくして、欲のない、怒りのない、害心のない心で法に従って行うことだと解釈しております。

最上人とは阿羅漢のことです。


「最上人 盲信せずに 無為を 知り法に従い 欲捨てにけり」


○この詩の解説は次の記事を参考にしてください。
http://76263383.at.webry.info/200903/article_13.html
http://76263383.at.webry.info/201001/article_16.html


○人生の万能薬(慈悲の瞑想)

私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)は(が)幸せでありますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の悩み苦しみがなくなりますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)の願いごことが叶えられますように
私(私の親しい人々、生きとし生けるもの)に(にも)悟りの光があらわれますように

私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)も幸せでありますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の悩み苦しみがなくなりますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)の願いごことが叶えられますように
私の嫌いな人々(私を嫌っている人々)にも悟りの光があらわれますように

*この言葉を毎日唱えると幸福になれます。


このブログ記事に共感された方は右上の仏教バナーをクリックして下さい。
記事内容の改善の参考にしたいと思っています。

"最上人 盲信せずに 無為を 知り法に従い 欲捨てにけり(97)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント